前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2004/ 9/30



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
臨時増刊号−株主総会事情等 Vol.10



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




4.個人株主

(1)個人株主の動き

上述の通り、2003年度の株式分布状況調査で、個人株主数(延べ人数)は前 年度比23万人増えて3,400万人となった。多くの企業は株式持ち合い解消 の受け皿として個人株主や外国人株主を意識的に増やそうとしてきた。ま たインターネット取引の普及や売買手数料の引き下げなどが追い風となり、 個人株主数は1996年以降、8年連続で増加記録を更新している。

この結果、ここ1〜2年の株主総会において個人株主の出席とその発言が多 く見られるようになった。金銭を目当として、会社を困らせようとしてイ ヤガラセの発言をする総会屋とは異なり、個人株主の意見や質問は純粋な のもが多い。総会の議事運営とは無関係な発言をする個人株主もいるもの の、多くの個人株主は会社に対して真面目な意見や質問をする。また個人 株主は発言の機会を与えられれば満足して、議長(社長)に詰問すること は稀である。以下は今年の株主総会から見た個人株主に係わるプラスとマ イナスの側面の記述である。

(2)個人株主増加のプラスの面

個人株主が増えれば増えるほどその企業の広報・IR活動も活発になり、 企業名の露出度も高まるだけでなく、結果的に株主を大事にするというイ メージ・アップにもなる。また個人株主の増加は当該企業の売上高増に直 接結びつかないが、消費財関連や外食・食材関係企業は「根強いファン」 としての顧客を増やすことになる。一方、株式関係の側面から見ると、個 人株主が増えれば中長期にわたり、その企業の株式を保有してくれる安定 株主層が多くなり、株式保有の定着率がアップにもなる。

また個人株主数が多ければ多いほど、株価の値が立ちやすくなり、取引の 流動性も高まるメリットもあり、その企業の株価が適正に形成され、大き くブレたり、乱高下も少なくなるといえる。

(3)個人株主増加に係わる留意点

個人株主増加はプラスの面だけでなく、以下の検討すべき側面も指摘でき る。

a) 株主総会の時点だけでなく、いつでも株主からの手紙・メール、電話な どからの苦情、不満が発せられ、その対応に時間とコストがかかる恐れが ある。特に消費財関連、外食関連の企業に対しては個人株主が企業と製品 を通じて、生活上接点が多いため、広報・IRは多忙になる恐れがある。

b) 個人株主数が多くなればなるほど、その株主管理に一段と手間・ヒマが かかりコスト圧迫の要因となる。これらの管理コストのアップは上記のメ リットと比較検討されるべきものであろう。

c) 株主総会のためにコストがかかるだけでなく、株主対策面から常時多忙 になるためしっかりした組織対応が求められる。

d) 株主総会において様々の角度の発言がなされるようになり、経営側もそ の対応に時間とエネルギーがかかる可能性がある。

(4)個人株主への対応
外国人の株式投資はドライな面が多いが、個人株主はその会社に夢を求め て株式投資する場合が多い。その夢の中には配当や値上がりだけでなく「 株主優待」もある。個人株主を大事にすることは、その企業のイメージ向 上にもなる。

株主総会で個人株主はその保有株式総数から経営に何のインパクトを与え ない。また、増配や優待制度の見直しなど個人的利益のための質問や意見 が繰り返されることがある。この場合、[1]丁寧に、しかもユーモラスにわ かりやすく株主重視の立場から回答する議長と、[2]もう少し勉強してから 質問して欲しいと内心思いつつ手短に、しかも事務的にしか回答しない社 長も見られる。両者を比較すると、個人株主の目線から見れば、株主重視 の対応の姿勢のほうが、その企業のイメージ向上となる。また、「長期保 有・安定株主」となり得る個人株主の増大にもプラスであるのは論を待た ない。

「開かれた総会」を標榜する企業が多くなりつつあるものの、業種により、 企業の規模により、株主構成はいろいろと異なるため、個人株主に対する アプローチは異なる。株主の質問を制限するために、質問番号札を入場し た順に20名までとする企業もある。オリエンタルランドはディズニーラン ドの入場券を優待券として毎年配布しているため、この優待券を大変有難 く思い、株券を額縁に入れている個人株主もいる。個人株主作りや個人株 主対策のメニューに方程式はないと言えよう。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる