前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2011/ 4/13



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.161



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.net/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当がこれまでお会いしたIR担当者様及び、配信を希望された方々に、IRに関する情報を気軽にお読みいただけることを目的としたメールマガジンです。




1.ニュース/トピックス
  • ファンドマネジャーの日本株への見方が急速に悪化:4月BOAメリルリンチ調査
  • FTSEグループ、ESG格付けを開始
  • 英会計基準委員会、アニュアルレポートの簡素化に関するレポートを公表
  • 金融庁、特定投資家に関する情報を公表
  • 戦略や収益促進要因に関する開示が増える傾向:シティゲートD.R.調査
  • TIAA-CREFのもとSVP、株主に対する取締役会の説明義務法制化を提言
  • 英ビジネス・イノベーション・技能省(BIS)、投資・経営の短期志向の問題点等に関する意見募集の結果を公表
  • 米最高裁、製薬会社vs投資家で、投資家に軍配
  • IRマガジン、IR Magazine US Awards 2011受賞企業を発表
  • 東証、「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」記載要領の改訂を公表
  • 東証、「東証上場会社 コーポレート・ガバナンス白書2011」を公表

2.英語でIR





■ ファンドマネジャーの日本株への見方が急速に悪化:4月BOAメリルリンチ調査

BofAメリルリンチの4月ファンドマネジャー調査で、日本株へのグローバル・ファンドマネジャーの見方が地震以後大幅に悪化していることが分かった。3月調査では日本株にネット8%のファンドマネジャーがオーバーウェイトだったのに対し、4月調査ではネット18%がアンダーウェイトという結果になった。大幅にアンダーウェイトとしたファンドマネジャーは全体の1/6にのぼった。一方、ニュートラルは全体の1/3を占めている。

詳細情報:
http://bit.ly/dFr3PE



■ FTSEグループ、ESG格付けを開始

FTSEグループは、企業リスクを環境、社会的責任、ガバナンスの側面から評価する格付け、FTSE4Good ESG Ratings、を新たに開始した。対象はグローバル企業2,300社で、環境、社会的責任、ガバナンスについて、以下のように各2つのリスク評価指標が設けられている:

  • 環境:気候変動、環境マネジメント
  • 社会的責任:人権および労働者の権利、サプライチェーンの労働環境
  • ガバナンス:贈収賄防止対応、コーポレート・ガバナンス

詳細情報:
http://www.ftse.com/Indices/FTSE4Good_ESG_Ratings/index.jsp



■ 英会計基準委員会、アニュアルレポートの簡素化に関するレポートを公表

英国の会計基準委員会(Accounting Standard Board)がアニュアルレポートの簡素化に関する提案を公表した。アニュアルレポートにあまりに多くの情報が詰め込まれ、却って重要な情報が分かりにくくなっている現状を踏まえ、簡素化のための具体的な提案をまとめたもの。

詳細情報:
http://www.frc.org.uk/asb/press/pub2566.html



■ 金融庁、特定投資家に関する情報を公表

金融庁は、適格機関投資家の届出を金融庁長官に行った者のリスト(本年4月1日現在)を公表した。

詳細情報:
http://www.fsa.go.jp/common/law/tekikaku/01_b.pdf



■ 戦略や収益促進要因に関する開示が増える傾向:シティゲートD.R.調査

IRコンサルティング会社Citigate Dew Rogersonが欧州17カ国の150人のIR担当オフィサー(IRO)に対する第3回調査の結果を発表した。主な点は以下のとおり:

  • 収益の落ち込みによる株価下落を心配するIROは少なく、概して収益見通しは楽観的
  • アナリストの質が低下したと考えるIROは21%で、前年調査の26%を下回った
  • 戦略・目標に関する情報開示を増やした企業は64%、収益ドライバーに関する情報開示を増やした企業は60%と、非財務情報の開示が増えている
詳細情報:
http://www.citigatedewerogerson.com/Downloads/Press%20
release%20-%20Extraordinary%20Times.pdf



■ TIAA-CREFのもとSVP、株主に対する取締役会の説明義務法制化を提言

TIAA-CREFのもとSVP, John C. Wilcox氏が、米企業の取締役会は、自らの職務執行について株主に対して説明責任を持つべきであり、取締役会の説明責任を明確化する法律を制定すべきであるとの提言をまとめた。Duke Law SchoolのJournal of Law and Contemporary Problemsへの寄稿。

詳細情報:
http://www.shareholderforum.com/e-mtg/Library/2011W_Duke-Wilcox.pdf



■ 英ビジネス・イノベーション・技能省(BIS)、投資・経営の短期志向の問題点等に関する意見募集の結果を公表

英BISは、昨年10月に“the problems of short-termism, investor engagement, directors' remuneration and the economic case for takeovers”と題するコンサルテイション・ペーパーを公表し、各方面からの意見を募集していたが、今回その結果をまとめて公表した。IRの観点からも参考となる内容が含まれている。

詳細情報:
http://www.bis.gov.uk/assets/biscore/businesslaw/docs/s/11-797-summary-responses-long-termfocus-corporate-britain.pdf



■ 米最高裁、製薬会社vs投資家で、投資家に軍配

米製薬会社Matrixx Initiativeが重要な情報の開示を怠ったとして投資家が訴えていた事件で、米最高裁は投資家側の主張を認める判決を下した。同社の風邪薬(鼻スプレー)が嗅覚喪失の原因になるという調査レポートの存在を同社が投資家に公表しなかったことが、重要情報の非開示または虚偽開示を禁じる証券法に違反するというのが投資家側の主張だった。

詳細情報:
http://www.scotusblog.com/case-files/cases/matrixx-initiatives-inc-v-siracusano/



■ IRマガジン、IR Magazine US Awards 2011受賞企業を発表

IR専門誌、IRマガジンは、2011年米国IR賞受賞企業を発表した。31種類もの賞が用意されており興ざめの感も否めないが、グランプリは以下の通り:

ラージキャップ:Covidien
ミッドキャップ:F5 Networks
スモールキャップ:United Online

詳細情報:
http://www.bloomberg.com/news/2011-03-28/ir-magazine-announces-winners-of-us-investor-relations-awards.html



■ 東証、「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」記載要領の改訂を公表

詳細情報:
http://www.tse.or.jp/rules/cg/b7gje60000005o5h-att/kisaiyoryo.pdf



■ 東証、「東証上場会社 コーポレート・ガバナンス白書2011」を公表

詳細情報:
http://www.tse.or.jp/news/09/copy_of_110322_a.html




災害関連の英語表現-その(2)

次の日本語を英語にしてみましょう。
「地震および津波による当社生産設備の物理的な損害は僅かな程度にとどまっており、構造的な問題は発生しておりません。生産は三工場すべてにおいて通常水準に回復しています。」

<解説>

  • 当社生産設備:our production facilities

  • 物理的な損害:physical damage

  • (損害を)被る:sustain (damage)、suffer (damage)などの表現が使われます

  • 僅かな程度の(損害):
    minimal (damage)。 minimalとminimumの使い分けについては色々な説明が試みられています。
    これといった「定説」にお目にかかったことはありませんが、minimumは限度的に一番小さいという語感がある一方、minimalは絶対水準的に小さいという語感があると言ってよいのではないかと思います。
    もし「これ以上小さい損害はありえない」という感じを表現するならばminimum damageとなりますが、「僅かな程度」だとしたらminimalがふさわしい、ということになります。

  • 構造的な問題は発生しておりません:
    このまま英語にしようとすると複雑になってしまいますが、「構造的には健全です」と言い換えればstructurally soundとシンプルな表現で表すことができます。また地震前の状態が保たれているという意味を表現するためにremainを使い、remain structurally soundとすると、より明快な表現になります。

  • 地震および津波による:as a result of the earthquake and tsunami

  • 三工場において:三箇所という意味であればthree sitesで表現できます。
    「おいて」にあたる前置詞はatです。

  • (生産が)回復する:
    「回復」の動詞はrestoreが最適ですが、restoreは他動詞なので「生産」を主語にする場合はproduction has been restoredというように受身形になります。

  • 通常の水準:normal levels

以上から、上の日本語は以下の英語で表すことができます:

Our production facilities have sustained only minimal physical damage and remain structurally sound as a result of the earthquake and tsunami. Production has been restored to normal levels at all three sites.


 
ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.net/

営業に関するお問合せは、03-3556-1380(IR・広報事業部)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる