前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2008/06/04



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.110



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.net/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
米株主総会でCEOと取締役会議長を分離する議案への支持ひろがる
米主要メディアもブログを積極活用
28カ国の規制当局がTOBの規制に関して意見交換
2.英語でIR





■ 米株主総会でCEOと取締役会議長を分離する議案への支持ひろがる

ISSを傘下に持つリスクメトリックス社によると、取締役会議長の職とCEOを 分離する議案が、これまで(5月23日まで)のところ15の米国企業株主総会 で提案され、株主の平均支持率は32.1%にのぼった。これは2006年の30.2% を約2ポイント、2007年の24.8%を7ポイント上回る水準。5月28日のChevron およびExxon Mobilの株主総会でも同様の議案が提案されたが、Chevron株主 で賛成票を投じたのは14%、Exxon Mobil株主は同39.5%だった。

詳細情報:
http://www.issproxy.com/governance_weekly/2008/105.html


■ 米主要メディアもブログを積極活用

The Bivings Groupの調査から、米国のトップ100紙の95%が自社ウェブサイ トで記者のブログを公開していることが明らかになった。 またProspero Technologiesによると、米国企業で何らかのソーシャル・メ ディアを利用している企業のうち78%がブログを利用しているとのこと。 またPR Week等が行った調査に対し、ジャーナリストの58%が、人々の意識 を知るための手段としてブログを活用していると答えている。

詳細情報:
http://www.emarketer.com/Article.aspx?id=1006327&src=article1_newsltr


■ 28カ国の規制当局がTOBの規制に関して意見交換

28カ国の規制当局者が2国間にまたがる企業買収の規制のあり方について意 見交換した。買収企業以外の一般投資家の関与をいかに高め、権利乱用的な 買収をいかに規制するかなどが主なトピックだった。

詳細情報:
http://www.sec.gov/news/press/2008/2008-93.htm




次の日本語を英語にしてみましょう:

「私たちは、将来の人々、植物、および動物のために環境保全に努める責任があることを強く認識しています」

<解説>
 
将来の人々、植物、および動物:future people, plants and animalsとすると英語的な響きがしっくりきません。 間に「世代」という意味のgenerationsを入れてfuture generations of people, plants, and animalsとすると落ち着きのいい表現になります
 
環境保全に努める責任:「環境を保全する」はpreserve environmentです。 「〜する責任」は、responsibility to〜ですから、環境保全に努める責 任はresponsibility to preserve environmentとしたいところですが、 preserve environmentというと我々が直接的に環境を保全する能力を持っ ているかのような響きを伴います。我々ができるのは環境が保全されるよ うに助力することだとの認識をベースに、help preserve environment (環境を保全するために助力する)とhelpを入れたほうが表現として適切 だと思われます。
 
〜を強く認識しています:(we are) keenly aware of〜
 

以上から、上の日本語は以下の英語で表すことができます:
We are keenly aware of our responsibility to help preserve environment for future generations of people, plants and animals.



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.net/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる