前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2008/05/02



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.108



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.net/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
カルパース、コーポレート・ガバナンス原則を改定
RiskMetrics Group、サブプライム問題とコーポレート・ガバナンスの関係に関する調査結果を発表
IR Magazine、米国企業ベストIR賞の受賞企業を発表
2.英語でIR





■ カルパース、コーポレート・ガバナンス原則を改定

カルパースは、環境への取り組みに関する情報開示の重要性と取締役会メン バーの多様性確保の重要性を強調するため、同基金のコーポレート・ガバナ ンス原則であるGlobal Principles of Accountable Corporate Governance の改定を行った。

詳細情報:
http://www.calpers.ca.gov/index.jsp?bc=/about/press/pr-2008/apr/environmental-
diversity-guidelines.xml


■ RiskMetrics Group、サブプライム問題とコーポレート・ガバナンスの関係に関する調査結果を発表

インスティテューショナル・シェアホルダー・サービシズ(ISS)を傘下に 持つRiskMetrics Groupは、サブプライム問題で大きな打撃を受けた11の米 国金融機関のコーポレート・ガバナンス態勢を検証し、11の金融機関すべて に共通する特徴として、取締役会会長とCEOを同一人物が兼任していること をあげている。また、この点に関して、会長とCEOを分離することを求める 株主の声が今後強くなるだろうと予測。さらに、もしより良い情報開示がな されていたら、より正確なリスク・エクスポージャーの評価ができただろう と考えている投資家は、アンケートに回答した投資家の圧倒的な多数を占め ていると指摘している。発行体側の対応としては、チーフ・リスク・オフィ サーという役職を新たに設けたり、取締役会のなかにリスク委員会を導入す る企業が増えるとRiskMetricsでは予想している。

詳細情報:
http://www.issproxy.com/pdf/CgandCreditCrisis20080409_PR.pdf


■ IR Magazine、米国企業ベストIR賞の受賞企業を発表

IR専門誌、IR Magazineは、米国企業を対象としたベストIR賞の受賞企業を 発表した。賞の種類は20を上回るが、企業規模ごとのグランプリ賞受賞企業 は以下のとおり:

メガキャップ:GE
大型株:Staples
中型株:Limited Brands
小型株:Life Time Fitness

詳細情報:
http://www.thecrossbordergroup.com/pages/165/IR+magazine.stm?article_id=12490




次の日本語を英語にしてみましょう:

「今期実施したサブプライム関連償却は、私および株主にとって大変残念な ものでした。私たちは、必要な改革を既に全社的に積極的に実行に移して います。」

<解説>
 
サブプライム関連償却:subprime writedown
 
今期実施した:「償却を実施する」というときの「実施」にあたる動詞と してはtakeが最適です。「XX円のサブプライム償却を行った」はtook a subprime writedown of XX yenとなります。
 
大変残念:残念はdisappointing。「大変」はveryでもよいですが、ちょ っとそっけない感じがします。気持ちを込めた表現としてはdeeplyなどが よいでしょう。
 
〜にとって:「〜にとって」にあたる前置詞はtoです。
 
必要な改革を行う:「必要な改革」はnecessary changes。「行う」にあ たる動詞はmakeです。従って「必要な改革を行う」はmake the necessary changesとなります。
 
全社的に:「横断的に」という意味のacrossを使ってacross the company という英語に置き換えることができます。
 
積極的に:この場合の「積極的に」はpositivelyというよりaggressively のほうがしっくりきます。
 
実行に移す:行動を起こすという意味のmoveがよいでしょう。「既に」の 意味は、have movedと現在完了形にすることで表すことができます。

以上から、上の日本語は以下の英語で表すことができます:
The subprime writedown we took this year is deeply disappointing to me and to our shareholders. Across the company, we have moved aggressively to make the necessary changes.



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.net/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる