前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2007/06/13



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.99



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.net/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。



個人投資家向け説明会イベント情報サイト
「インベスター・ホットライン」ベータ版立ち上げのお知らせ


皆様におかれましてはご清栄のこととお慶び申し上げます。 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

皆様のご協力のお陰をもちました、個人投資家向け説明会イベント情報 サイト「インベスター・ホットライン」のベータ版を4月16日に立ち上げ ました。
<http://www.i-hotline.jp/>

「インベスター・ホットライン」は企業様・個人投資家向け説明会主催者様 の枠を超えて広く説明会の開催情報を募り、個人投資家にお伝えすることを 目的としております。

御社におかれましても「インベスター・ホットライン」を情報配信ツールと してご利用下さい。

【説明会情報無料掲載のご案内】
個人投資家向け説明会をご予定の際には、是非ご一報下さい。 頂戴した情報は無料で「インベスター・ホットライン」に掲載させていただ きます。

ご不明な点などございましたら、当社営業担当にお問い合わせ下さい。







1.ニュース/トピックス
プレスリリース情報の不正入手に罰金刑
ベストIRウェブサイトの条件に関するレポートをWeb Marketing Associationが発表
Investor Relations Society、IRベストプラクティス賞を発表
2.英語でIR
3.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





■ プレスリリース情報の不正入手に罰金刑

米ニューヨーク地方裁判所は、プレスリリース情報をその公表前に不正入手 し、そうして得られた情報に基づいて株式の売買による不正な利益を得たと して、エストニアの金融サービス会社とその従業員に14百万ドルの罰金の 支払いを命じた。告訴していたSECによれば、このエストニア人は、プレス リリース配信会社であるBusiness Wireが配信用に顧客(発行体)から受け 取ったプレスリリースを、同社のコンピュータ・システムに不正に侵入する ことによって配信前に入手し、その情報に基づいて株式を売買することで、 不当な利益を得ていた。

詳細情報:
http://www.sec.gov/news/digest/2007/dig053107.txt


■ ベストIRウェブサイトの条件に関するレポートをWeb Marketing Associationが発表

ベスト・ウェブサイト賞を主催するWeb Marketing Association(WMA)がIR ウェブサイトのベスト・プラクティスに関するレポートを公表した。 ベストIRウェブサイトは、単に財務情報の開示だけでなく、自社に関する ストーリーを投資家に伝えており、動画や音声でのIRイベントの配信にも 積極的だとしている。

詳細情報:
http://www.prweb.com/releases/2007/04/prweb518468.htm


■ Investor Relations Society、IRベストプラクティス賞を発表

英国に本拠を置くInvestor Relations SocietyがIRベストプラクティス賞を発表した。
主な受賞企業は以下のとおり:
ベスト・アニュアルレポート賞(FTSE100): Imperial Tobacco Group PLC
ベスト・アニュアルレポート賞(FTSE250): The Carphone Warehouse
Group PLC
ベスト・ウェブサイト賞(FTSE100): Scottish Power PLC
ベスト・ウェブサイト賞(FTSE250): National Express Group Plc
ベスト・ウェブサイト賞(外国企業):Stora Enso
ベスト・オンライン・アニュアルレポート:Aviva PLC

詳細情報:
http://www.ir-soc.org.uk




以下の日本語を英語にしてみましょう:

「株主各位
第XX回定時株主総会招集ご通知
拝啓 ますますご清栄のこととおよろこび申し上げます。 さて、当社第XX回定時株主総会を下記により開催いたしますので、ご出席 くださいますようご通知申し上げます」

<解説>
 
株主各位:Dear Shareholder。
 
もう少し親しみを込めてDear Fellow Shareholderとしてもよいでしょう。
なお、「株主」には、shareholder以外に、stockholder、shareownerなどを 使う企業もあります。stockownerはあまり使われていません。
 
第XX回定時株主総会:XXth Annual Meeting of Shareholders
 
日本企業の場合、株主総会や決算などで、「第XX回」「第XX期」などを使い ますが、米国企業の間ではそのような表現は使われていないようです。 「第XX回」の代わりに、”2007 Annual Meeting of Shareholders”という ように「XX年」と入れるのが一般的です。前号にも書きましたが、 「定時株主総会」はannual meeting of shareholders, annual shareholders’ meeting, general shareholders’ meeting, annual general shareholders’ meetingなど、色々な言い方があります。
 
招集のご通知:Notice of〜。
 
日本企業の場合、「招集のご通知」をnotice of convocationと訳している 場合が多いようですが、米国企業の株主総会案内ではあまり使われていない 表現です。英語表現的には、「招集の」の部分は訳さずに、単に「第XX回 定時株主総会のご通知」としたほうが自然です。
 
拝啓 ますますご清栄のこととおよろこび申し上げます: 英語では、これに相当する表現はありませんので、この部分は訳さず、 すぐに本題に入ります。
 
ご出席下さいますようご通知申し上げます:これは日本企業の招集通知で 普通に使われている表現ですが、本来は「株主総会を開催しますので、 ご通知申し上げます。ご出席下さいますようお願い申し上げます」と言う べきところです。従って、これをそのまま英語に訳してしまうと変な英語に なってしまいます。そこで、この表現を「XX月XX日に開催される株主総会に ご出席くださいますようお願い申し上げます」と変えてから英語にします。 「お願い申し上げます」は、ask you、request youなどの表現が思い浮かぶ と思いますが、ここではinvite youが最もふさわしい表現です。従って、 「ご出席下さいますようご通知申し上げます」はwe invite you to attend となり、その後にすぐ「XX会社の第XX回定時株主総会」と続けます (we invite youは多少ぶっきらぼうな響きがありますので、youを主語に してyou are (cordially) invited to attendのほうがベターです)
 
下記により:日本企業の文書では、「下記により」としてすべての詳細を 下記する形式が一般的ですが、英語表現では株主総会の日付ぐらいは本文に 入れておいたほうが、座りがよい文章になります。また、in accordance with the following detailsが「下記により」の定訳になっていますが、 できるだけ平易な表現を目指すPlain Englishで表現するならYou will find more information about the meeting below:というような言い方がよいと 思います。

以上から上の日本語は以下の英語で表現することができます:
Dear Fellow Shareholder: Notice of XXth Annual Meeting of Shareholders You are cordially invited to attend the annual meeting of shareholders of XX Corporation, to be held on Friday June 8, 2007. You will find more information about the meeting below:




■ C-Suite(C-level jobs)

Chief Executive Officer(CEO)ほか、Chief XXXXX Officerの役職・称号が 与えられた企業トップマネジメントをひとくくりにした言い方。CFOやCOO までなら馴染みがあっても、実はこればかりではない。 例をあげてみると、

Chief Executive Officer(CEO)、
Chief Operating Officer(COO)
Chief Financial Officer(CFO)
Chief Information Officer(CIO)
Chief Technology/Technical Officer(CTO)
Chief Security Officer(CSO)
Chief Marketing Officer(CMO)  など

サーベインス・オクスレー法の施行後は Chief Compliance Officer(CCO)を 置いたり、コーポレートガバナンスの強化に向けて Chief Governance Officer(CGO)を設置する企業が見られる。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.net/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる