前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2006/ 6/26



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.85



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.net/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
ベストIRプログラム賞、SI International, Inc.に与えられる
米イエール大学、コーポレート・ガバナンス・センターを設立
米YAHOO、ショッピング・ブログを開設
米フライシュマン・ヒラード、CSRに対する米消費者の意識を調査
2.英語でIR
3.IR・広報担当者のための日英翻訳入門
4.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





■ ベストIRプログラム賞、SI International, Inc.に与えられる

アメリカン・ビジネス・アウォーズ(American Business Awards)は、優れた IR活動を行った企業に与えられるStevie Award for Best Investor Relations ProgramをSI International, Inc. (Nasdaq上場)とそのIR支援会 社CCG Investor Relatinsに授与した。

詳細情報:
http://www.prnewswire.com/cgi-bin/stories.pl?ACCT=104&STORY=/
www/story/06-19-2006/0004382693&EDATE=



■ 米イエール大学、コーポレート・ガバナンス・センターを設立

米イエール大学のビジネス・スクール、The Yale University School of Managementは、コーポレート・ガバナンスの研究センター、The Yale Center for Corporate Governance and Performanceを設立した。同センタ ーの主な役割は、企業の競争力と社会貢献活動を強化する上でコーポレート ・ガバナンス果たす役割を研究すること

詳細情報:
http://yccg.som.yale.edu/mission.shtml



■ 米YAHOO、ショッピング・ブログを開設

米YAHOOは、新製品の紹介や読者投稿などの情報で構成されるショッピング・ ブログ、Yahoo Shopping Blogを新たに開設した。YAHOOは、このブログを 「コマーシャルのようなもの」と説明している。

詳細情報:
http://shopping.yahoo.com/blog



■ 米フライシュマン・ヒラード、CSRに対する米消費者の意識を調査

米PR会社フライシュマン・ヒラードは、米消費者連合会と共同でCSRに対す る米消費者の意識調査を行った。それによれば、回答者の約半数がCSRの観 点から、企業は従業員を大事に扱うべきであると考えていることが分った。 また、回答者の3分の2が、自分と共通の価値感を持つ企業の製品を買うこ とが重要であると考えていることも判明。

詳細情報:
http://www.csrresults.com/FINAL_Full_Report.pdf




以下の日本語を英語にしてみましょう:

「今後の見通しですが、事業環境には引き続き大変厳しいものがあり、 (我々は)慎重な見方を変えていません」

<解説>
今後の見通しですが:「これから先を見通すと」という意味でlooking forwardという表現を使うことができます
 
事業環境:the business environment
 
引き続き:continues to be
 
厳しい:challenging。「厳しい」というとすぐsevereということばを考 えますが、severe environmentと言うと、自然環境が厳しいことを示唆す る度合いが強いようです。
 
慎重な:cautious
 
〜を変えていない:remain〜。「慎重な見方を変えていない」はremain cautiousです。この場合、主語はweでもour outlookでもOKです。
 

以上から上の日本語は以下の英語で表現することができます:
Looking forward, the business environment continues to be very
challenging, and our outlook remains cautious.




〜ビジネス翻訳のプロが日本語と英語の違いを分かりやすく解説〜

■ 「日本語どおりになってないじゃない!」に応える その6

(6)和製英語では意味が通じない

日本語で使われる英単語は、そのままでは英語で通じないことがあります。 例えば、プラス(plus)、マイナス(minus)。「売上は3年続けてマイナス となった」、または、「プラスなった」というように、日本語でとても便利 に使われます。しかし、sales were plus、またはminusと、そのまま英語に はできないのです。

マイナスは、downを使うことができます。 「Sales were down for the third year in a row.」

または、Sales fell〜や declinedなどの動詞で表現することもできます。 プラスは、逆にup。または、Sales rose 〜、または increasedとするとよ いでしょう。

経済関連の文書には、「世界のPC市場は3四半期連続のマイナス成長」とい ったように、「マイナス成長」がよく出てきます。これも、minusでは意味 が通じません。英語ではnegative growthが普通です。 「World PC market suffered negative growth for the third consecutive quarter.」

この場合も、down、またはfallなどを使うと便利ですし、市場(market)の 場合、slide(過去形slid)もよく使われます。 「World PC market slid for the third consecutive quarter.」

日本語になってしまった英単語は、要注意。

和製英語は英語ではどう表現するのか、面白い例が載っているHPをご参考ま で。
http://www.linkage-club.co.jp/Material/Japlish.html

和製英語の「ビックリ賞」もあるようです。
http://www.eigotown.com/bikkuri/2005.shtml

●  筆者紹介: 萩原久代
イー・アソシエイツ翻訳パートナー。大手自動車メーカーにおいてIR・ 広報分野で長年の経験を持ち、現在米国でビジネス翻訳やPRコンサルテー ション・サービスを提供。




■ PEG / PEGレシオ

株価収益率PERを、利益成長率(たとえば一株当たり利益EPSの成長率)で割 った値であり、企業の利益成長率に対して何倍の株価収益率が付与されてい るかを見る。例えばPERが40倍、EPSの成長率が20%と見込むのであれば、 PEGは2.0倍(=40÷20)となる。一般にPEGが1.0倍を下回ると割安と考えら れている。

PEGは、新興企業など今後著しい成長が見込まれる企業に対して、株価の割 安・割高を判断する材料となる。PERは一般に低いほうが割安と考えられる が、投資が先行して充分な利益が出るに至っていない企業の場合など、PER が何十倍にもなってしまい、PERだけを見ていては投資判断がつかない場合 がある。PERが同程度の銘柄の比較においては、高い成長率が期待できる銘 柄のほうが割安と考えられるため、単にPERだけで比較し判断するのではな く、PEGを用いて、成長性をも加味して割安・割高を判断するわけである。

PEGの問題点はいくつかあるが、成長率が一時的に高く見込まれている場合 (一過性のブーム)は割安と判断されやすくなること、成長率は2〜3年の 平均値を用いることが多いが、新興企業の数年先までの成長率の予測は非常 に難しく、そもそもの正確性も問われること、などあげられる。

運用スタイルのひとつにGARP(Growth At a Reasonable Price)があり、こ れは成長が見込まれる銘柄(グロース)の中から割安な銘柄(バリュー)を 選択するという、グロース運用とバリュー運用の考え方を合わせたような投 資を行うが、割高・割安をはかる基準としてPEGが用いられることがある。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.net/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる