前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2005/ 8/26



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.70



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
ファンドマネジャーは積極的な設備投資を企業に期待:メリル・リンチ調査
GAPとNIKE、CSRレポートの作成にステークホルダーの第三者意見を求める
米公開会社監視委員会、監査会社による同一顧客への節税アドバイスの提供を禁止
企業倫理・コンプライアンス担当役員の年俸は75万ドル
プルデンシャル・インシュアランス、女性向け金融情報サイトを開設
2.IR担当者のためのIT講座
3.英語でIR
4.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ ファンドマネジャーは積極的な設備投資を企業に期待:メリル・リンチ調査

メリル・リンチが世界のファンドマネジャーを対象にしたアンケート調査の 2005年8月版を発表した。それによれば、今後の景気回復に楽観的な見方を するファンドマネジャーが増えており、それに従って、企業に対してより積 極的な設備投資を求めるファンドマネジャーが増えている。「企業はより積 極的に設備投資をすべき」と回答したファンドマネジャーの割合は50%に達 し、反対に「企業は設備投資を減らすべき」とした回答は3%のみであった。 今後1年の間に企業収益は悪化すると答えたファンドマネジャーの割合は2ヶ 月前の1/3から11%にまで低下している。
詳細情報:
http://www.ml.com/index.asp?id=7695_7696_8149_46028_48919_49023




◆ GAPとNIKE、CSRレポートの作成にステークホルダーの第三者意見を求める

米アパレル大手のギャップは株主活動家、社会的責任投資ファンド、SCR活動家などによって構成される情報開示ワーキング・グループ(Public Reporting Working Group)の事前チェックを受けた2004年版CSRレポートを発表した。米スポーツシューズ・メーカーのナイキも、SRIコンサルティング企業、学者、労働組合およびNGOの代表者などで構成される報告書審査委員会(Report Review Committee)に同社のCSRレポートの審査を依頼している。
詳細情報:
http://www.socialfunds.com/news/article.cgi/article1755.html




◆ 米公開会社監視委員会、監査会社による同一顧客への節税アドバイスの提供を禁止

会計士監査を監督する機関である公開会社監視委員会(PCAOB)は、監査対象の企業に対して節税アドバイスも提供している会計会社は独立性の要件を満たさないとする規則を採択した。サーベンス・オクスレー法に基づいてSECがこの規則を採用すれば正式に施行される。
詳細情報:
http://www.pcaobus.org/News_and_Events/News/2005/07-26.aspx




◆ 企業倫理・コンプライアンス担当役員の年俸は75万ドル

Salary.comとEthics Officer Associationは、世界の大手企業の企業倫理およびコンプライアンス担当役員の年間報酬は75万ドルにのぼるとの調査結果を発表した。倫理担当トップ役員の報酬はチーフ・インフォメーション・オフィサーと肩を並べる水準にあるとのこと。
詳細情報:
http://www.csrwire.com/article.cgi/4265.html




◆ プルデンシャル・インシュアランス、女性向け金融情報サイトを開設

プルデンシャル・インシュアランス等を傘下に持つ金融持株会社プルデンシャル・ファイナンシャルはウェブサイトに「女性と金融」というセクションを開設した。ライフ・ステージごとのフィナンシャル・プラニング・ガイド、金融商品の案内、フィナンシャル・プラニングのためのワークシートなど、女性をターゲットにした様々な情報、ツールを提供している。
詳細情報:
http://www.prudential.com/productsAndServices/0,1474,intPageID%
253D9020%2526blnPrinterFriendly%253D0,00.html?quadr=four&name=womenandfinance




■ ソフトウェアのバージョンについて

ご使用のパソコンのOSやOfficeソフト(WordやExcelなど)のバージョンはご存知かと思いますが、ブラウザやプラグインソフトのバージョンはあまり意識されていないのではないでしょうか。以下に、代表的なソフトウェアの最新バージョン(2005年8月現在)を列挙します。

・Microsoft Office 2003
・Internet Explorer 6.0
・Netscape 7.1
・Windows Media Player 10(Windows XP用)
・Windows Media Player 9(Windows 98 SE, ME, 2000 用)
・RealPlayer 10
・Adobe Acrobat 7.0
・Adobe Acrobat Reader 7.0
・Macromedia Flash Player 7

ファイルの受け渡しをする場合やウェブサイトに資料を掲載する場合など、作成する側と閲覧する側との間で、使用するソフトウェアのバージョンに違いがありますと、表示の一部がずれたり、または表示されないといった問題や、場合によってはファイルそのものが開かないといった問題が生じることがあります。
上記のことを踏まえておきますと「表示がおかしい」、「ファイルが開かない」といった問題が発生してしまった時、対応の一つとして対策が講じられるのではないでしょうか。

また、Internet Explorerなどのブラウザは、バージョンアップすることによ りウィルス対策などのセキュリティ強化に繋がります。




次ぎの日本語を英語にしてみましょう:

「当社は、主要財務および生産性指標において、同業他社を上回るスピードで改善を続けています」

解説
主要財務および生産性指標:この場合の主要はkeyが最適です。財務指標はfinancial measure、生産性指標はproductivity measure。両方をあわせると、key financial and productivity measuresとなります。
同業他社:peer(s)。つばぜり合いをしている競合他社という感じを出すには形容詞のclose(またはclosest)をつけてclosest peersとします。
〜を上回るスピードで改善を続ける:「〜を上回るスピードで〜する」を表す英語はoutpaceです。日本語では「改善」ということばが使われていますが、英語では「主要指標に関して同業他社をoutpaceしています」という言い方、つまりcontinue to outpace A on Bとすれば、改善のスピードが上回っているというニュアンスを伝えることができます。Aには「同業他社」(peers)、Bには「主要財務および生産性指標」が入ります。Onは「〜に関して」というような意味あいを持ちます。

以上から上の日本語は以下の英語で表現することができます:
We continue to outpace our closest peers on key financial and productivity measures.




■ エティベル(Ethibel)

ベルギーの、社会的責任投資(SRI)の独立系調査・コンサルタント会社。SRIファンドなどの社会的責任投資に基づく金融商品を提供する欧州の金融機関、運用機関にアドバイスを行う。

環境問題への取り組みや、企業の社会性、つまり従業員や就労環境に対する配慮、企業をとりまくステークホルダーと社会への配慮、法令順守やコーポレートガバナンスへの取り組みと実績などにおいて優れる企業を、独自の査定モデルによりスクリーニングし、先駆的な役割を果たす企業をPioneer Registerとしてリスト化する。2005年1月以降はさらに水準以上の積極的な取り組みが見られる企業を加えてExcellent Registerとして発表している。後者のExcellentに選定される企業は2005年6月現在346社で、日本企業は54社含まれる。これら企業にのみ投資するファンドには、エティベルがクオリティのお墨付きを与える形でEthibel Quality Labelを発行している。また、Pioneer、Excellentに選定された企業のうち、地域、業種、時価総額といった要素を加味してインデックス化したのがEthibel Sustainability Indexである。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる