前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2005/ 6/30



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.67



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
カトリック的価値観に基づくヘッジファンド
エクソン・モービルの株主提案、10%の支持集める
米ISS、Deminor Internationalのコーポレートガバナンス部門を買収
楽観的な景気見通しを持つ米国サラリーマン
2.IR担当者のためのIT講座
3.英語でIR
4.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ カトリック的価値観に基づくヘッジファンド

NYに本拠を置くガベリ・アセット・マネジメント(総運用資産280億ド ル)は、カトリック的価値観に基づくヘッジファンドを組成した。ショ ート・セル(売り持ち)、合併裁定取引などのトレーディング戦略を用 い、堕胎、幹細胞、ポルノ、防衛などに関連する企業を取引対象銘柄か ら除外する。現在約8000のヘッジファンドが存在するが、SRI的理念に 基づくヘッジファンドはほんの一握りとのこと
詳細情報:
http://www.socialfunds.com/news/article.cgi/article1727.html



◆ エクソン・モービルの株主提案、10%の支持集める

エクソン・モービルは地球温暖化現象の存在を会社として認めない立場 をとっているが、同社のそのような姿勢に批判的な株主Christian Brothers Investment Services, Inc.が同社株主総会に提出した株主提 案に10%強の支持が得られた。株主提案は、地球温暖化現象を否定する 論拠を2006年の株主総会までに公表することをエクソン・モービルに対 して求めるというもの。昨年も同様の株主提案が出されたが、支持率は 8.8%だった。
詳細情報:
http://www.cbisonline.com/page.asp?id=704



◆ 米ISS、Deminor Internationalのコーポレートガバナンス部門を買収

米議決権行使助言機関インスティテューショナル・シェアホルダー・サ ービシズは、少数株主の権利保護を理念とするデミノー・インターナシ ョナル(ブリュッセル)のコーポレートガバナンス部門を買収すると発 表した。ISSは、今後同部門を核にヨーロッパ展開を図る。
詳細情報:
http://www.deminor.org/articles.do?id=3491



◆ 楽観的な景気見通しを持つ米国サラリーマン

米調査会社Maritz Research Inc.が米国サラリーマンを対象に行った調 査に対し、74%が勤務先の会社の業容が1年前より良くなっていると回 答。1年前の調査の57%から大幅な改善となった。1年後には他の会社に 勤めている可能性が多少ともあるとの回答は45%にのぼったが、その96 %は、それは自らの意思によるものとしている。
詳細情報:
http://www.business-journal.com/EmployeeOutlook.asp




■ 拡張子について

拡張子とは、Windows系PCでファイル作成・保存した際に自動で生成さ れる文字列で、ファイル名の後ろに3〜4文字で表示されています。
エクセルでは「.xls」ワードでは「.doc」jpg画像では「.jpg」または 「.jpeg」となります。この拡張子によってファイルの種類及び、使用 するアプリケーションやソフトウェアを識別します。間違った拡張子を つけてしまうとファイルが開かなかったり、開いたとしても表示がおか しくなることがありますので注意して下さい。

普段、WindowsPCを使用するのに特に拡張子を気にすることはありませ んが、ファイルが開かない場合やMacで作成されたファイルを使用する 際には、拡張子が間違っていたり、拡張子が付いていなかったりします ので「開かない」と慌てる前に拡張子を確認すると案外簡単に解決する こともあります。

拡張子の表示方法、Windowsエクスプローラーのツールメニューで「フ ォルダオプション」を開き、「表示」タグをクリックしますと「登録さ れている拡張子は表示しない」という項目があります。その項目のチェ ックマークを外して下さい。

【主な拡張子】
「.xls」:Microsoft Excelで作成されたファイル形式。
「.doc」:Microsoft Wordで作成されたファイル形式。
「.ppt」:Microsoft PowerPointで作成されたファイル形式。
「.txt」:テキストファイル形式。メモ帳で編集可能。
「.jpg」「.jpeg」「.gif」「.bmp」など:画像ファイル形式。(参考:バックナンバーvol.39)
「.ai」 :adobe illustratorで作成されたファイル形式。
「.psd」:adobe photoshopで作成されたファイル形式。(参考:バックナンバーvol.61)
「.pdf」:Adobe Acrobatで作成されたファイル形式。(参考:バックナンバーvol.33)
「.lzh」「.zip」など:ファイル圧縮形式。
(使用の際はファイル解凍ソフトが必要な場合があります。)
「.html」「.htm」:webページを記述するための形式。
「.mpeg」:動画圧縮ファイル形式。
「.mp3」:音声圧縮ファイル形式。




以下の日本語を英語にしてみましょう:

コスト構造の改善に向けた昨年来の様々な施策が引き続きプラスの効果 をもたらしています。

解説
コスト構造:cost structureまたはexpense structure
施策:initiativesが「自発的に行う様々な活動」というニュアンス を持つため、最もふさわしい表現だと思います。
昨年来の様々な施策:the initiatives we began last year
コスト構造の改善に向けた昨年来の様々な施策:the initiatives we began last year to improve (our) cost structure.
文章の主語:ここまできたところで、このセンテンスの主語を何にす るかを考える必要があります。上の日本語原文では「コスト構造の改 善に向けた昨年来の様々な施策」が主語ですが、英語にした場合頭で っかちになってしまいます。ここではWeを主語にして作文してみまし ょう。Weを主語にするためには、以下のように上の原文を書きかえる 必要があります。「我々は、コスト構造の改善に向けた昨年来の様々 な施策のプラスの効果を引き続き経験しています」経験するはこの場 合seeがぴったりきます。「我々は〜を引き続き経験しています」は We continue to see〜と表現できます。

以上から上の日本語は以下の英語で表現することができます:
We continue to see the positive results of the initiatives we began last year to improve our cost structure.




■ 質への逃避(Flight to quality)

株価の急落、為替の変動などによりマーケットが混乱し、先行き見通し が著しく不透明になった時、投資家がリスクを避けるために、安全性と 流動性(換金性)の高い投資対象を求めて投資資金を移動させること。 たとえば、下記のような資金の動きである。

・株式から、相対的にリスクの低い債券へと資金を移動する。
・債券の中でも、より格付けの高い社債、さらには国債へと資金を移動する。
・エマージング市場から、先進国市場へと資金を引きあげる。
・為替リスクを避けるため、自国市場へと資金を引きあげる。

具体的な事例として、97年7月のタイバーツ暴落に端を発するアジア通 貨危機、98年8月のルーブル危機を背景に、資金が先進国の国債、なか でも米国債に集中したこと。2001年9月11日の同時多発テロの直後にス イスフランが急騰したこと。最近では5月にGM、フォードの格付けが引 き下げられたことを受けて、資金が社債市場から米国際市場へとシフト したこと、などがあげられる。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる