前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2004/9/9



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.51



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
ガバナンス格付けが高い企業の株価パフォーマンスはS&P500を上回る
米エンロン前IR責任者、149万ドルの罰金支払いに同意
センター・フォー・ポリティカル・アカウンタビリティー、企業に対する政治献金方針の開示義務付けをSECに要請
8月のステートストリート投資家信頼感指数2.4ポイント改善
バンガード、外国株ファンドの新規顧客への販売を中止
2.IR担当者のためのIT講座
3.英語でIR
4.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ ガバナンス格付けが高い企業の株価パフォーマンスはS&P500を上回る

ガバナンス格付け会社、ガバナンス・メトリックス・インターナショナル によれば、最高格付けを獲得した企業26社の過去5年間の株価パフォーマン スはS&P500のそれを10%上回っている。
(詳細情報)
http://www.gmiratings.com/(hm2ccc55lj0cd1555nd2ob55)/Release20040903.html



◆ 米エンロン前IR責任者、149万ドルの罰金支払いに同意

米エンロンの前IR担当エグゼクティブ・バイスプレジデント、マーク・ケ ーニッグ被告は、SECが起こしていた民事訴訟で149万ドルの罰金支払いと 捜査への全面協力に同意した。2001年当時同被告は、会社が投資家・アナ リストに発表・説明しようとしていた情報の内容が誤ったものであること を知りながらそれを訂正せず、決算説明のコンファレンス・コールで事実 に反する説明をした、というのがSECの訴えの根拠。
(詳細情報)
http://www.reuters.com/newsArticle.jhtml?type=domesticNews&storyID=6069420



◆ センター・フォー・ポリティカル・アカウンタビリティー、企業に対する政治献金方針の
開示義務付けをSECに要請

企業による政治献金の透明性を高めることを目的に2003年に設立された米 国の非営利団体、Center for Political Accountabilityは、SECに対し、 政治献金方針および慣行を企業が公開することを義務付けるよう要請した。 これに先立って、米国11の州および都市の財務官もSECに対し同様のアク ションを取ることを要請している。
(詳細情報)
http://www.politicalaccountability.net/PR-DonaldsonLtr.pdf



◆ 8月のステートストリート投資家信頼感指数2.4ポイント改善

米機関投資家のリスク選好度を示すステートストリート投資家信頼感指数 が8月に前月比2.4ポイント改善して87を記録した。同指数は昨年12月にピ ークに達した後低下を続けていたが、8ヶ月ぶりの改善となる。しかし、 改善幅は従来と比べると小さい。8月、米国の機関投資家は英国を含む欧 州株を中心に買い増した。日本株にも一定の買いが入った模様。一方、米 国株は引き続き不人気。業種としては、建設、空運、建築資材関連が人気 がある一方、エレクトロニクス、通信、バイオ、ヘルスケア関連は引き続 き興味の対象外。
(詳細情報)
http://www.statestreet.com/company/media/press_release/20040824_1.html



◆ バンガード、外国株ファンドの新規顧客への販売を中止

8月19日、バンガードは外国株ファンド、バンガード・インターナショナ ル・エクスプローラ・ファンドの新規顧客への販売を中止した。今年に入 って販売中止を行った5つめのファンドとなる。同ファンドへの新規資金 の流入が過熱化し、投機的になることを予防するための措置であり、外国 株に対する特定の見方を示唆するものではないと同社では説明している。
(詳細情報)
http://onlinepressroom.net/vanguard/




■無線LAN

無線通信でデータの送受信をするLANのこと。パソコンには無線LANカード が必要で、「ベースステーション」と呼ばれる中継機器を経由して通信を 行ないます。ステーションを用意せずに無線LANカード同士が直接通信を 行なう形態の製品もあります。

ノートパソコンを利用している場合であれば、端末を持ち運び、どこでも 簡単にネットワークに接続し、インターネットを見ることも可能になりま す。

レイアウト変更が多いオフィスではLANケーブルの引き直しの度に多くの 時間と費用が費やされますが、無線LANではこのような問題は生じないた め、長期的には有線のLANを用いるよりもコストが抑えられると思われま す。

一般的な有線LAN(Ethernet)と比べると、伝送速度が遅く、電波干渉など により通信エラーが発生することもあり、有線との使い分けが必要である と思われます。通信帯域が2.4GHz(通常はこれに相当します)では雨・雪の 影響はほとんどなく、降雨による影響もほとんど無視できます。また、 PHSと同じ小電力システムのため、基本的に人体への影響は無いと考えら れます。

最近では、定額制の無線モバイル環境も普及してきており、今後ますます 無線の環境が定着していくでしょう。




【次の表現を英語にしてみましょう】
2004年第3四半期の売上高は450−500億円程度を予想しています。2004年 度通期ベースでは1500−2000億円程度の売上高を予想しています。以上の 予想には下期におけるXX社買収の効果も反映されています。

解説:
2004年第3四半期:third quarter of 2004。第3四半期は省略してQ3と 書くこともよくあります。
売上高:revenuesと複数形になります
450−500億円程度:in the \45-50 billion rangeまたはapproximately \45-50 billion
予想しています:「予想する」はestimate、anticipate、forecastなど のことばが使えます。
2004年通期ベースでは:for the full year 2004
XX社買収の効果:impact of acquisition of XX Corporationでもいい のですが、ofが二度続けて出てくると語呂がよくないのでimpact of XX Corporation acquisitionとしてしまいましょう。
反映されています:ここでは「含まれています」と読み替えてもいいの でincludeを使えばすみますが、reflectとしてももちろんOKです。

以上から、上の日本文は以下の英語に置き換えることができます:
Revenues for the third quarter of 2004 are estimated to be in the \45-$50 billion range. For the full year 2004, we anticipate revenues of \150 ? 200 billion. These projections include the impact of XX Corporation acquisition for the second half of the year.




■ S&P 500

米国500企業の加重平均株価によるインデックス。S&P社(Standard & Poor's)のエコノミスト、アナリストからなるインデックス・コミッティ により銘柄が選定される。1923年に233銘柄でスタートしたものが、 1957年には500銘柄にまで拡張され今日に至る。

500銘柄は、時価総額の大きい順に組み入れられたわけではなく、流動 性、各セクターを代表する銘柄であること、などが必要条件となっている。 新規にインデックスに組み入れられる際の条件は、主に下記のとおりであ る。(なお下記条件を満たさなくなった銘柄でも、即座にインデックスか ら除外されるのではなく、インデックスの連続性を持たせるため、銘柄の 入れ替えはケースバイケースで協議される。)

米企業であること(2002年7月の見直し以来、米企業のみの指数となった)
時価総額が40億ドルを超えること
4四半期連続で黒字であること
流動性があること、発行株数の50%以上が流通していること、 など


構成銘柄は大型株が多く、時価総額で最大なのはGeneral Electricで3420 億ドル(6月30日現在、以下、Microsoft、Exxon Mobil、Pfizer、Citigroup と続く)、平均でも210億ドルである。500銘柄で米国株式市場の時価総額 全体の約80%相当を占めるため、株式市場全体の動きを捉えるには有効な インデックスである。

米国株式運用のベンチマークとして最も広く用いられ、単にベンチマーク といえば、S&P500のことを示す場合が多い。ある銘柄が新たにS&P500に組 み入れられる場合、多数のインデックス投資家がポートフォリオに組み入 れる必要が生じるため、同銘柄の株価上昇を招くことがある(S&P Phenome non)。

投資信託で、単一のファンドとして世界最大なのは、実はS&P500インデ ックスファンドである。米国初の個人投資家向けインデックス投信である Vanguard 500 Index Fundがそれで、2004年7月末現在の純資産額は778億 ドルにのぼる。これは日本の株式投信の純資産総額、約24.9兆円の、約 1/3に相当する額である。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる