前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2004/3/16



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.41



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
米コダック社、コーポレート・ガバナンスを強化
米SEC、内部コントロールに関するアニュアルレポート上での情報開示の義務化期限を先延ばし
FTSEグループ、ISSと提携し新株式指標を開発
米SEC、IFRS(国際財務報告基準)での財務諸表作成を外国企業に認める方針を決定
チーズバーガー法案が米下院を通過
2.IR担当者のためのIT講座
3.英語でIR
4.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ 米コダック社、コーポレート・ガバナンスを強化

コダックの取締役会は、コーポレート・ガバナンスの強化に向けてコーポ レート・ガバナンス・ガイドラインの改正を行うことを決定した。また、 取締役会の独立性に関する基準の強化、取締役選任手順の見直し、取締役 行動規範の採用なども決定。
(詳細情報)
http://www.kodak.com/US/en/corp/pressReleases/pr20040218-02.shtml



◆ 米SEC、内部コントロールに関するアニュアルレポート上での情報開示の義務化
期限を先延ばし

SECは昨年、サーベンス・オクスレー法に基づいて、アニュアルレポート 上で内部コントロールに関する説明を行うことを企業に義務付けることを 決定し、2004年6月15日またはそれ以前に期限がくる年度のアニュアルレ ポートから適用する予定であったが(時価総額が75百万ドル以上の米国企 業の場合)、今回、その期限を2004年11月15日に変更した。
注:アニュアルレポートは、正式に当局に提出される報告書(10Kなど) を指し、一般に言われるアニュアルレポート(企業が自発的に特に個人投 資家をターゲットに発行するレポート)とは異なる。
(詳細情報)
http://www.sec.gov/news/press/2004-21.htm



◆ FTSEグループ、ISSと提携し新株式指標を開発

英国の株式指数開発機関であるFTSEは、議決権行使助言・代行機関である 米ISSと提携し、コーポレート・ガバナンス指標の提供を始めることを決 定した。
(詳細情報)
http://www.ftse.com/media_centre/press_releases/2004/20040226_FTSE_and_ISS_
create_new_corporate_governance_indexes_for_global_investors.doc



◆ 米SEC、IFRS(国際財務報告基準)での財務諸表作成を外国企業に認める方針を決定

SECは、米国取引所に上場している外国企業に対し、IFRS基準での財務報 告書作成を認める方針を決定した。具体的には、外国企業はSECに提出す る20-FレポートをIFRS基準で作成することが可能になる。
(詳細情報)
http://www.sec.gov/news/press/2004-31.htm



◆ チーズバーガー法案が米下院を通過

共和党が提案している「チーズバーガー法案」が米下院で可決された。マ クドナルドのハンバーガーを食べ続けたために肥満になったのは、消費者 に対して十分な警告をしなかったマクドナルドに責任があるとして同社に 訴訟が提起されるなど、米国では何でも裁判に訴えようとする風潮がある が、この法案はそのような訴訟にブレーキをかけることを狙いとしたもの。
(詳細情報)
http://cbs.marketwatch.com/news/story.asp?guid={FEF6FF50-63F4-4309-AE15-
3E6442D0BDA9}&siteid=mktw&dist=nwtwk&archive=true




◆ 音声・動画メディアファイルについて

最近では、インターネット上で決算説明会を音声または動画で視聴できる 企業サイトも珍しいものではなくなってきました。今回は、インターネッ ト上で音声・動画を配信する際に使用されるメディアファイルの作成手順 についてお話します。

作成は以下の流れで行います。
録音・録画 → PCへ取り込み → 保存 → 編集 → エンコード

録音・録画

インターネットで配信したい内容をMD、カセット、ビデオテープ等に録音・録画します。

取り込み

MDプレーヤーやビデオデッキをPCへ接続、再生し、音声や動画をPCへ取り込みます。 この作業には録音・録画内容と同じ時間がかかります。専用のソフトを使用します。

保存

取り込みが終わったところで保存します。保存にも時間がかかり、音声 の場合は数十秒〜数分かかります。動画の場合は別格でハイスペックな PCを使用しても数十分以上かかります。ここでメディアファイル(生デ ータ)が作成されます。

編集

メディアファイル(生データ)に対して音量や音質・画質の調整等を行います。

エンコード

メディアファイル(生データ)は、圧縮されていないため、音質・画質 はいいのですが、非常に容量が重く、音声でも数百MB〜数GBに達します。 そのため、生データをインターネットでの視聴に適した形に圧縮変換し、 WindowsMediaファイルやRealMediaファイル等の形式にします。これを エンコードと呼んでいます。こちらも保存と同じく時間がかかり、音声 の場合は数十秒〜数分といったところですが、動画の場合は数十分以上 かかります。エンコードの結果できたWindowsMediaファイルやRealMedia ファイルをストリーミング配信に使用します。WindowsMedia、RealMedia とは、WindowsMediaPlayerやRealPlayerで視聴できる形式でストリーミ ング配信に広く利用されています。

以上のような流れで、音声・動画ファイルを作成します。ただし、ライブ 配信を行う場合はまた別の流れになります。注意すべきことは、音声・動 画ファイルを作成するには必ず一定の時間がかかるということです。取り 込みには録音・録画内容と同じ時間がかかりますし、動画の場合は保存や エンコードにも時間がかかります。動画の場合は録画内容の2〜3倍の時間 を必要としますので、一刻も早く配信を開始する必要がある場合には注意 が必要です。




【日本語】
「無形資産は、四半期ごとに5000万円を5年間にわたって償却しています」

解説:
・無形資産はintangible assetsです。intangiblesと複数形にすることに よって名詞として使う場合もあります。intangibleはtangibleの反意語で すが、tangibleの語源はtouchという意味の言葉で、「触ることができる 」という意味です。

・日本語では資産をその利用可能期間にわたって費用として按分計上する ことを、有形資産か無形資産かにかかわらず「償却」と言いますが、英語 では有形資産の場合はdepreciation、無形資産の場合はamortizationと使 い分けます。

・「償却する」はamortizeまたはrecord amortizationなどの言い方があ ります。

・「5000万円を償却する」というのを英語でどのように表現するかが頭を 悩ませるところです。日本語をそのまま英語に置き換えて(We) amortize 50 million yenというのは正しい英語ではありません。これだと50 million yenが償却の対象になってしまいます。atを使うことを思いつけ ば解決の道が開けます。つまり、amortized at 50 million yen per quarterまたはamortization is being recorded at 50 million yen per quarterとするわけです。前者の場合、主語はもちろんintangible assetsです。

・以上から、上の日本語例文は
The intangible asset amortization is being recorded at 50 million yen per quarter over a five-year period.
または
The intangible assets are amortized at 50 million yen per quarter over a five-year period.
と表現すればすっきりした英文になります。




■ Moody's
スタンダード・アンド・プアーズとともに2大格付け会社として知られる。 企業は、債券を発行して投資家から広く資金を集めたい場合、定評ある格 付け会社に費用を払って格付けを取得するが、格付け会社から「この債券 は安全性が高い」とのお墨付きが得られれば、投資家に投資してもらいや すくなる。あるいは信用力の補完のため、起債の目的が無くとも格付けを 取得することもある。
一方で格付け会社が企業の依頼によらず行う「勝手格付け」と呼ばれるも のがある。97年から98年にかけて日本の金融システムに対する不安が高ま った時、米格付け会社が日本の金融機関の勝手格付けを数多く公表し、注 目を集めた。日本国債の格付けも勝手格付けによるものである。格付け会 社は、勝手格付けは「参考意見」と説明するが、「参考」とはいえ定評あ る格付け会社による格付けは、投資家・マーケットに少なからず影響を与 えることとなる。

■ Market Capitalization
企業の時価総額のことで、「株価×発行済み株式数」により算出される。 米国の場合、時価総額によってLarge Cap(大型株、50億ドル〜)、Mid Cap (中型株、10億ドル〜50億ドル)、Small Cap(小型株、2.5億ドル〜10億ド ル)、といった具合に分類されることが多いが、むろんこうした分け方は 目的によりいくつもある。例えば時価総額上位XXX社を大型株、次のXXX社 を中型株といった具合である。

なお、日本で大型、中型、小型株といった場合、時価総額による分類もあ るが、多くの場合は発行済み株式数による分類を指す。東証によれば、東 証一部上場銘柄のうち、大型株は発行済株数が2億株以上、中型株は6,000 万株以上2億株未満、小型株は6,000万株未満の企業の株式である。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる