前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2003/11/ 4



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.33



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
ゴールドマン・サックス、自社役員による他社取締役就任を禁止
米国の社会的責任投資残高2兆1500億ドルに増加
米公開会社会計監視委員会、外国会計事務所に対し特例を認める
マサチューセッツ州職員年金基金、パトナムへの運用委託を解約
米AIMR、企業の財務報告に関する調査結果を発表
2.IR担当者のためのIT講座
3.英語でIR
4.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ ゴールドマン・サックス、自社役員による他社取締役就任を禁止

米投資銀行ゴールドマン・サックスは、顧客企業との利益相反を回避する ためとして、同社役員が他社の取締役に就任することを禁止する方針を打 ち出した。
詳細情報:2003年10月29日付ニューヨークタイムズ



◆ 米国の社会的責任投資残高2兆1500億ドルに増加

米ソーシャル・インベストメント・フォラムが発表した「2003 Report on Socially Responsible Investing Trends in the United States」によれ ば、米国の社会的責任投資残高は前年比7%増加し2兆1500億ドルに達した。 一方、米国におけるファンド運用総残高は同期間で4%減少している。
(詳細情報)
http://www.socialinvest.org/areas/research/trends/sri_trends_report_2003.pdf



◆ 米公開会社会計監視委員会、外国会計事務所に対し特例を認める

米国の公開会社会計監視委員会(PCAOB)は、当該国の監督機関との協力関 係を強化することによって外国の会計事務所に対する直接的な監視の度合 いを弱める方針を打ち出した。また、PCAOBに対する登録期限も外国の会 計事務所に対しては2004年7月まで延期した。
(詳細情報)
http://www.pcaobus.org/pcaob_news_10-28-03.asp



◆ マサチューセッツ州職員年金基金、パトナムへの運用委託を解約

マサチューセッツ州職員年金基金は、ミューチュアル・ファンドの運営に 関わる不正疑惑で揺れる全米5位の運用会社パトナムを運用委託先から外 す決定を下した。パトナムは同年金運用資金17億ドルをこれまで運用して いた。
(詳細情報)
http://cbs.marketwatch.com/news/story.asp?siteid=mktw&dist=nwtpf&guid=
%7B84942006%2D18CD%2D412D%2D9E3B%2D83675413941E%7D



◆ 米AIMR、企業の財務報告に関する調査結果を発表

資産運用に関わるプロフェッショナルの協会であるAssociation for Investment Management and Researchが、同協会会員に対して行った企業 の財務報告に関する調査(Global Corporate Financial Reporting Quality )の結果を発表した。それによれば、ファンドマネジャー・アナリストの 73%が財務報告の質が極めて重要であると答えている。一方、米国企業の財 務報告の全体的な質は1から5のスケールで平均3.4という結果となっている。 また、財務諸表の注記に関して、多くのファンドマネジャーが極めて重要 と考えるが、企業が公表している財務諸表注記の質に対する彼らの評価は 低い。
(詳細情報)
http://www.aimr.org/pdf/pressroom/finacial_report_qlty.pdf




■ PDFについて

今回はPDFについて、お話します。
PDF(Portable Document Format)とは電子文書フォーマットの一つで、アド ビシステムズが開発した技術です。PDFは、アプリケーションやOSの種類に 関係なく、印刷出力から自動的に作成でき、文字やフォント、イラストや カラー写真等の画像データを保持し、実際の帳票と同じレイアウトを実現 できます。紙の帳票をスキャナで取り込むことも可能です。

実際の帳票と同じイメージで再現できることの他、アドビシステムズ社の サイトで無料配布されているAcrobat Readerを使用すれば、OSやアプリケー ションの違いを意識せず見ることができる、PDFファイル作成時に文字や写 真、イラスト等を適切な方法で圧縮し、変換後のデータ容量が小さくて済 む、といったことが特徴としてあげられます。

東京証券取引所では上場企業の開示情報をPDFで受け付け、公開する等、P DFは多くの政府機関や企業で採用され、標準フォーマットとして使用され ています。アーカイブ(長期保管)フォーマットあるいは情報公開用フォー マットとしてPDFを使用するには、一点留意すべき点があります。

フォントの埋め込みを行っていないPDFの文書は、OSやPCの環境によって、 見え方が変わることがあるということです。PDFを見る側の環境にないフォ ントが使用されていると、文字化けを起こしたり、代替フォントで表示さ れ、見た目が変わるという現象が起きます。フォントを埋め込めば、その 分データ容量が大きくなるため、埋め込みさえすればいいというものでも ありませんが、英語圏への情報発信等、日本語環境がない環境向けのPDFを 作成するケースや、デザインとしてフォントを維持したい場合には、特に フォント埋め込みを検討する必要があります。フォントの埋め込みはPDF作 成時にジョブオプションのフォント設定で行います。




Let me turn to gross profit margin. The reduction of 260 basis points for the fourth quarter and 70 basis points for the full year was due to the $25 million charge for the write-off of inventory associated with restructuring activities.

【和訳】
次に売上総利益率についてですが、第4四半期に260ベーシスポイント、年 間では70ベーシスポイント低下しました。これはリストラに伴う在庫償却 を2,500万ドル計上したことによるものです。

Let me turn to 〜:「〜に話題を転じる」の意
The reduction of 260 basis points for the fourth quarter:ベーシスポイントは0.01パーセントのこと。従って260ベーシスポイントは2.6%。一方、パーセントはpercentage point(s)又は単にpoint(s)といいます。basis pointやpercentage pointはパーセントの数字自体を比較するときに用います。例えば失業率が5.3%から3.8%に低下した場合、「失業率は1.5 percentage points(または150 basis points)低下した」といいます。これを、「1.5 percent低下した」と言うと、失業者の数が1.5%減少したという意味にとられかねません。
write-off of inventory associated with restructuring activities:'associated with'は「〜に伴う(関連した)」の意。problems associated with inflation(インフレに伴う問題)、costs associated with overtime(残業に伴うコスト)というような使い方ができます。




■ 電話会議 コンファレンスコール (Conference Call)

米国のほとんどの企業、欧州でもかなりの数の企業が四半期毎の決算説明 を電話会議にて行う。米国西海岸から東海岸までは6時間のフライト、時 差は3時間もあり、決算の都度アナリストを会場に集めて説明会を開催し ていられない物理的な事情もあって、電話会議は決算説明に限らず社内会 議にまで広く普及している。

2000年10月の公正情報開示規則(Regulation FD)施行以後は、ほとんどの 企業が決算説明の電話会議音声をリアルタイムでストリーミング配信する ようになった。個人投資家は電話会議を通じて企業に質問することは出来 ないものの、ストリーミング配信される音声を聞くことで、アナリスト・ 機関投資家と同じ情報を得ることが出来る。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる