前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2003/10/21



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.32



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
米SEC、株主に取締役候補者推薦権を与える新規則案を発表
米SEC、ミューチュアルファンドの不正防止に向け新規則の制定を検討
EIU調査:世界主要企業経営者の14%、コーポレートガバナンスが最重要課題と回答
企業イメージの維持はCEOの責任
2.IR担当者のためのIT講座
3.英語でIR
4.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ 米SEC、株主に取締役候補者推薦権を与える新規則案を発表

株主総会に取締役候補者を推薦する権利を株主に対して与える新規則案を 米証券取引委員会が発表した。一連の企業不祥事を受け、株主の権利をこ のような形で強化することによって取締役会の独立性強化を図ろうという もの。具体的には1年以上継続して当該企業の株式を1%以上保有する株主 が取締役候補を推薦した場合、企業は当該候補の氏名等を召集通知に記載 しなければならない。SECは60日間の意見公募期間を経て最終規則を決め る。
(詳細情報)
http://www.sec.gov/rules/proposed/34-48626.htm



◆ 米SEC、ミューチュアルファンドの不正防止に向け新規則の制定を検討

大手ファンド会社がヘッジファンドなどの一部投資家に対して、当日の基 準価格決定後にその基準価格でファンドの売買をすることを許していたこ とが発覚し、米国で大きな問題となっているが(本オンライン・ジャーナ ル29号、30号参照)、ドナルドソンSEC委員長はレート・トレーディング と呼ばれるそのような取引を取り締まるための新規則の検討を事務局に指 示した。
(詳細情報)
http://www.sec.gov/news/press/2003-136.htm



◆ EIU調査:世界主要企業経営者の14%、コーポレートガバナンスが最重要課題と回答

KPMG Internationalがスポンサーして行われたEconomist Intelligence Unitの調査に対し、世界主要企業経営者115人のうち14%が、コーポレート ガバナンスが目下最重要経営課題であると回答した。重要課題3項目の一 つに数えられえると回答した経営者は32%にのぼり、両方をあわせると46 %と半数近くにのぼる。同時に、EIUは日本、米国、英国、フランス、ド イツ各国の時価総額トップ10社のガバナンスに関する情報透明性の調査も 行っている。それによれば、日本のスコアは0.4と5カ国中最低。ちなみに、 他国のスコアは次のとおり:ドイツ1.3、フランス1.2、英国1.1、米国0.5
(詳細情報)
http://www.us.kpmg.com/microsite/Attachments/corp_govern_newstrat.pdf



◆ 企業イメージの維持はCEOの責任

ヒル・アンド・ノールトンとコーンフェリー・インターナショナルがCEO を対象に行った調査Corporate Reputation Watchによれば、企業イメージ の維持は自らの責任であると回答したCEOが65%にのぼった。一方、取締 役会の責任との回答は14%、広報部(communications department)の責 任との回答は12%にのぼった。
(詳細情報)
http://www.ecruitinginc.com/news/news.asp?ID=931




■ PPTの作成

現在、中間決算真っ最中という企業様も多いことだと思われます。今回は、 説明会で利用するパワーポイントについて、ご説明します。

IR担当者の方は日々説明会用にパワーポイントを利用することが多いかと 思われます。以下に、PPTの作成に際しての注意点をいくつかご紹介しま す。
(1)1枚のPPTにデータを詰め込まない。
(2)字を大きめにする。
(3)グラフ、図等を多用し、パッと見で判るようにする。
(4)要点はまとめる。

[1枚のPPTにデータを詰め込まない]
パワーポイントはMS WORDのように文章を書くソフトではなく、プレゼン テーション用に開発されたソフトです。1枚のパワーポイントへのデータ をある程度制限し、判り易くしたいものです。あれもこれも詰め込んでし まうと、投資家は混乱し、全体がぼやけてしまいます。必要に応じ、足り ない部分は口頭で説明し、投資家の方が余白部分に書き込めるようにする ことが重要です。

[字を大きめにする]
パワーポイントで資料を作成する際は、なるべく字を大きめに作成してく ださい。ほとんどの場合、説明会場前面に映すのみならず、投資家に印刷 して配布していますので、投影したパワーポイントがしっかり読める必要 はないと思われますが、印刷した状態でさらっと読める程度の文字サイズ はあった方が良いと思われます。じーっと目を凝らさなければ読めないパ ワーポイントは、あまりお奨めできません。

[グラフ、図等を多用し、パッと見でわかるようにする]
なるべく多くのグラフ、図、画像を利用してください。また、グラフ等を 入れる場合に、それに関わる情報を全部入れず、説明会の最中に数値を読 み上げるようにすると、投資家も説明に集中でき、説明会が盛り上がるで しょう。全てのデータをパワーポイントに埋め込み、ただ読み上げるだけ だと、資料を見ているだけの説明会になってしまいます。また、グラフや 図を利用する場合は、折れ線グラフ、円グラフ、棒グラフ等の見慣れたグ ラフを利用するようにした方が判りやすいでしょう。
[ポイントは多すぎないように]
「理由」「効果」「原因」などを箇条書きする場合、項目があまり多いと 箇条書きした意味がなくなってしまいます。できれば3〜5のポイントにま とめ、口頭で「改善のポイントは三つあります。一つめは……」といった 感じで説明すると簡潔、明瞭な説明になります。海外の投資家向けにパワ ーポイントを作成する際は、ページ数を20枚以内になるようにした方がよ いでしょう。

[効果のある利用方法]
最近では、インターネットに繋げて、パワーポイントのある部分をクリッ クすると、該当ウェブサイトにジャンプしたりすることも可能です。また、 パワーポイントに音声や動画を埋め込んだりもできるようになりました。 株主総会における営業報告等で利用すると効果的なプレゼンテーションに なるでしょう。

また、普段から説明会等でパワーポイントを利用する場合は、会社のロゴ、 コピーライトや簡単なデザインが含まれているテンプレートを作成してお くと良いと思われます。常にそのテンプレートを利用することにより、一 目見ただけで自社の説明会資料と判り、ブランド戦略にも役立つと思われ ます。可能であれば、パワーポイントに付属しているテンプレートの利用 は避けたいものです。




I'll spend some time on the balance sheet and cash flow, since in the fourth quarter we've had some significant improvement versus where we were during most of last year.

【和訳】
第4四半期、貸借対照表とキャッシュフローは昨年のほぼどの期間と 比べても大幅な改善を示しました。この点について少しご説明したいと思 います。

I'll spend some time on 〜:「〜について少し時間を使う」の意。ここでは文脈から「〜について説明します」ということになります。
We've had some significant improvement:significantの代わりにsubstantialということもできます。remarkable improvementというと、もっとすごい感じがする一方、単にsome improvementだと「多少の」という感じです。ほんの僅かの改善ならonly nominal improvementと言えばよいでしょう。meaningful improvementもよく使われます。これは「評価に価する程度の改善」というニュアンスで、significant improvementよりも控えめな感じです。
versus:「〜に対して」の意。vs.と省略されます。
where we were during most of last year:このwhere we wereは日本語に訳しにくい表現です。直訳すると「昨年の大半の期間どこにいたか」ですが、この文脈では「昨年の大半の期間の(貸借対照表とキャッシュフローの)状態」という意味になります。




■連邦公開市場委員会(Federal Reserve Open Market Committee/FOMC)
米国の中央銀行にあたる連邦準備制度理事会FRBは、年に8回開催する連邦 公開市場委員会(FOMC)にて公開市場操作の方針を決定する。具体的には参 加メンバーは12名で、FRB理事7名、ニューヨーク連銀総裁、および地区連 銀の総裁4名(全米で12ある地区連銀のうち、ニューヨーク連銀を除いた11 の地区連銀の持ち回り)からなる。

■ベージュブック(Beige Book/地区連銀経済報告)
連邦公開市場委員会(FOMC)開催に先立ち、全米12の地区連銀が各管轄地区 の経済状況分析を行い、FRBによりまとめられたものがベージュブックで ある。FOMC開催前に参加メンバーに手渡され、開催の約2週間前には公開 される。FOMCでの議論に影響を与えることから注目される。ベージュブッ クの呼び名は、表紙の色からその名前がついた。

■ブルーチップ(Blue Chip)
優良株のこと。特にどの銘柄をブルーチップと呼ぶか決まっているわけで はないが、一般的に大型株で、将来の成長性が見込まれ、競争力がある企 業を指す。NYダウ工業株30種ほか、長期にわたり業績が安定した企業はブ ルーチップと呼ばれるが、成長著しい新興のハイテク企業のことはあまり ブルーチップと呼ばない。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる