前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2003/ 9/24



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.30



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
ニューヨーク州会計検査官、企業改革連合の結成を提唱
拡大する米ミューチュアル・ファンドの不正疑惑
世界のファンドマネジャー、株式投資を急拡大:メリルリンチ調査
米財務会計基準審議会、年金制度の情報公開に関する公開草案を発表
米国でウェブキャストの利用経験者1億人を超える
2.IR担当者のためのIT講座
3.英語でIR
4.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ ニューヨーク州会計検査官、企業改革連合の結成を提唱

ニューヨーク州のヘベシ会計検査官は、企業不正の防止に積極的な機関投 資家や個人投資家に対し、企業改革連合(NCCR:National Coalition for Corporate Reform)の結成を呼びかけた。NCCRの結成に対しては、カリ フォリニア州財務官をはじめとする他州の財務官、会計検査官、アメリカ 労働総同盟産別会議(AFL-CIO)議長などが既に支持を表明しているが、 カルパースはNCCRのメンバーの責任が明確でないという理由から参加表明 を見合わせている。
(詳細情報)
http://www.osc.state.ny.us/press/releases/sept03/090303a.htm



◆ 拡大する米ミューチュアル・ファンドの不正疑惑

ジェイナスをはじめとする米ミューチュアル・ファンドが、ヘッジファン ドなどの一部投資家に対して、当日の基準価格が決まった後にその基準価 格でファンドの売買をすることを許していたことが米国で大きな問題とな っているが(本オンライン・ジャーナル29号参照)、6つのミューチュア ル・ファンドにつき1つのファンドの割合で同様の不正が行われていると の調査結果をスタンフォード大学の教授が発表した。一般投資家にとって の損失は年間で4億ドルにのぼるとのこと。
(詳細情報)
http://www.boston.com/business/articles/2003/09/12/late_trading_may_
be_more_widespread_than_thought/



◆ 世界のファンドマネジャー、株式投資を急拡大:メリルリンチ調査

メリルリンチ証券のGlobal Fund Manager Survey(9月16日)によれば、 世界のファンドマネジャーは債券投資を縮小する一方、株式投資の比重を 急速に高めている。また、企業業績の改善についても強気な見方が増えて おり、特に日本株に対するセンチメントが大幅な改善を示している。
(詳細情報)
http://ml.com/researchmarketing/content/merrillfundsurvey.pdf



◆ 米財務会計基準審議会、年金制度の情報公開に関する公開草案を発表

米財務会計基準審議会(FASB)は、企業による年金制度の情報公開義務に 関して公開草案を発表した。企業に対して、年金資産、給付債務、キャッ シュフローなどに関し、詳細な情報の開示を求める内容。例えば年金資産 に関しては、資産内容のカテゴリー別内訳(株式、債券、不動産など)の 開示が求められる。コメント期間は10月27日まで。
(詳細情報)
http://www.fasb.org/draft/ed_pension_disclosures.pdf



◆ 米国でウェブキャストの利用経験者1億人を超える

Arbitron Inc.とEdison Media Researchは、12歳以上の米国人のうち、イ ンターネットのウェブキャスト(音声または動画の配信)を利用した経験 がある者は1億300万人にのぼるという調査結果を発表した。インターネッ ト利用者に占めるウェブキャスト利用者の割合は、3年前の24%から44% へと急速に増加している。
(詳細情報)
http://www.edisonresearch.com/Internet%2010%20Web%20cast.htm




◆ E-MAIL

IRでのインターネット利用といえば、もっぱらホームページやウェブキャ ストについての記事・コラムばかりが目立ちますが、今回は目先を変えて メールをとりあげます。

メールには、テキスト・メールとHTMLメールがあります。前者は単純にテ キストのみのメールで、今お読みいただいているのもテキスト・メールで す。後者は文字に色を付ける、文字サイズを変更する、アンダーラインを つけるなど見せ方にバリエーションを持たせることが出来ますが、最近で はウィルスに感染しやすいなどの理由でHTMLメールを受信できない設定に する方が結構いると思われます。IR目的ではテキスト・メールで用が足り ると思われ、こちらを推奨します。HTMLメールが有効なのは、視覚的イメ ージが重要な個人向け広告メールなどでしょう。HTMLメールを利用する場 合でも、できればテキスト・メール/HTMLメールの選択を受信側で出来る 方がよいでしょう。

メール作成の際まず注意したいのが、受信側が送信側と同じ環境にあると 限らないことです。例えば最近のWindowsの場合、「株式会社」とインプッ トして変換をすると、 (いわゆるカッコカブを1文字であらわしたもの。 すでに見えない方もいらっしゃるでしょうから念のため) となります。 れはWindowsに依存した文字ですので、他のOSで見た場合は文字化けする、 あるいは見えない可能性があります。この場合は、(株)のように半角 ( ) で囲めば文字化けはしないでしょう。その他には丸で囲んだ数字(@)、 ローマ数字(T)なども機種依存文字です。また、半角カタカナは一般的に インターネットの世界では認められておらず、文字化けしますのでご注意 ください。

海外にメールを送信する際は、全て半角英数字で入力してください。スペ ースや数字が全角で入力されていると、英語のPCで見た場合、文字化けす るため非常に見づらいメールになります。

メールの利用方法の一つに、一斉同報メールというものがあります。同じ 内容のメールを多数の人に一斉に送るというものです。投資家のデータベ ースをきちんと管理しているのであれば、そのデータベースに登録された 投資家全員、または一部の投資家に一斉にメールを送信することが可能に なります。この機能を利用すれば、投資家に一斉にニュースを告知したり、 ホームページの更新情報を送信することが可能になり、IR活動の幅も広が るでしょう。

また、海外とのコミュニケーションにもEメールは非常に有効なツールに なります。海外に瞬時に情報を伝達できるこの手段を利用しない手はない と思います。海外にしろ、日本国内にしろ、Eメールとホームページを融 合し、より良いIR活動を目指せればよいと思います。決算短信などが発表 された場合は、まずホームページに決算短信のデータをアップし、すぐに メールにて告知することにより、より多くの方に最新の情報を提供するこ とが可能になります。このような活動を続けることにより、企業としての 信頼を得ることにもなるでしょう。



※※ちょっとしたテクニック※※

たまに、宛先不通でメールが返ってくることがあります。その際は、メー ルの題名や本文を見てください。"User unknown"、"Host unknown"という 言葉がありませんでしょうか。
前者はメールアドレスの"@"から前の部分が誤っていることを意味します。 入力ミスか、または本人が異動、退社している可能性が考えられます。 後者の場合は、"@"から後ろの部分が間違っていることを意味します。合 併等で会社名が変わっている可能性も考えられますが、ほとんどの場合は 入力ミスですので、再度ご確認を。




As I've done in the past we'll talk first about the results of the fourth quarter first relative to last year and then secondly relative to the third quarter on a sequential basis.

【 和 訳 】
これまでと同じように、第4四半期の実績と前年同期の比較をまず行い、 その次に第3四半期との比較についてお話ししたいと思います。

As I've done in the past:「過去において行ったと同じように」の意。 asは「〜と同じように」、または「〜のように」という意味です。As I said before(既に申し上げましたとおり)のasと同じ用法。
results:「実績(業績)」の意。
relative to:ここでは「〜との関係において」、「〜との比較において 」の意。The moral rule is relative to the circumstancesというと、 「道徳律は状況との関係で決まる相対的なものである」という意味になり ます。
on a sequential basis:「前期との比較ベースで」の意。(本オンライ ン・ジャーナル29号でのsequentiallyの解説を参照)。




■ フォーム10-K (Form 10-K)

米国の株式公開企業が証券取引委員会(SEC)宛てに決算期末から60日以内 に提出する年次報告書。日本の有価証券報告書に該当する。Form 10-K以 外に、四半期報告書に該当し、四半期末から45日以内に提出するForm 10- Q、偶発債務の発生、経営者の変更など投資家、株主にとって重要な事項 が発生した場合に提出するForm8-K、米国以外の企業がSECに届け出る年次 報告書Form 20-F などがある。

2002年6月、SECは、Form 10-K、10-Q、8-Kの提出時に、最高経営責任者( CEO)および財務責任者(CFO)に内容が正確である旨署名することを義務付け、 CEO、CFOの責任を明確にした。またForm 10-K、アニュアルレポートの中 のMD&A(Management's Discussion and Analysis)については一層の拡充と、 重要な会計方針についてはその説明の改善を促している。

■ アニュアルレポート (Annual Report)

年次報告書のこと。SECに提出する年次報告書(Form10-K)も、企業が任意 で作成するいわゆるアニュアルレポートも、ともに区別なくアニュアルレ ポートと呼ばれる。なかにはForm 10-Kにカラーの表紙をつけて、そのま まアニュアルレポートとするところもある。

欧米企業のアニュアルレポートの最近のトレンドとして、制作コストの削 減が進んでいること、および、その結果としてデザイン・紙質が目に見え て簡素になりつつあることなどがあげられる。また、インターネットを通 してインタラクティブに使えるデジタル・アニュアルレポートの利用や、 読物部分と財務部分を分けた2分冊構成のレポートが増えていることなど も最近の特徴としてあげられよう。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる