前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2003/ 5/ 8



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.21



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
米証券大手10社、アナリスト不祥事に関し14億ドルの制裁金支払いで当局と最終合意
ベライゾン社株主総会、経営者への過度な退職金支払いを抑制する決議採択
電話よりEメールの方がコミュニケーション手段として重要:米メタ・グループ調査
イー・トレード、取締役会を建直し
サーベンス・オクスレー法で米企業取締役の負担が大幅に増加
2.海外IRサイト紹介
3.海外機関投資家プロフィール
4.英語でIR
5.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ 米証券大手10社、アナリスト不祥事に関し14億ドルの制裁金支払いで当局と最終合意

SECをはじめとする米規制当局と大手証券会社の間で昨年12月に暫定合意 されていたアナリスト不祥事に関する制裁金支払いが最終的に合意された。 これは、引受け部門の利益を優先するあまり、アナリストが引受け部門の 顧客に関する分析を恣意的に調整する不祥事が相次いだことに対する規制 当局の制裁措置の意味合いを持つ。対象となるのは以下の10社: ベアスターンズ、クレディ・スイス・ファースト・ボストン、ゴールドマ ン、リーマン、JPモルガン、メリルリンチ、モルガン・スタンレー、シテ ィコープ、UBSウォーバーグ、パイパー・ジャフレー
(詳細情報)
http://www.sec.gov/news/press/2003-54.htm



◆ 米SEC、株主提案および取締役選任に関する現行規定の見直しに着手

米証券取引委員会は、企業民主主義の徹底を図るために株主提案や取締役 選任に関する現行規定の見直しに着手するとの意向を表明した。具体的に は、株主総会決議に関する現行規則の修正の必要性の検討や、取締役選任 に係る現行規定の解釈の見直しなどを行う。
取締役候補者の指名に関しては、米地方公務員組合(AFSCME)がシティグル ープに対して、同社発行済み株式の3%以上を保有する株主が候補者の指名 を提案できるよう求めていたが、SECは現行規則のもとではシティグループ が株主提案を議案に含める義務はないとの見解を表明していた。
(詳細情報)
http://www.sec.gov/news/press/2003-46.htm



◆ ベライゾン社株主総会、経営者への過度な退職金支払いを抑制する決議採択

米大手通信事業者ベライゾンの株主総会において、経営者に支払われる退 職金が基本給とボーナスの合計額の2.99倍を超える場合は株主総会の同意 を得る必要があるとする決議が59%の賛成票を集めて採択された。但し、 この決議は強制力を持たない。ヒューレット・パッカードやデルタ航空の 株主総会でも同様の決議が採択されている。また、ゼネラル・エレクトリ ックの株主総会では同様の提案に対する賛成票が48.3%にとどまり、否決 された。
(詳細情報)
http://www.watsonwyatt.com/research/resrender.asp?id=onl005&page=1



◆ カリフォルニア大学、AOLタイムワーナー経営陣のインサイダー・トレーディング疑惑に関して訴訟起こす

カリフォルニア大学は、2年前のAOL、タイムワーナー合併の際に、両社経 営陣が、AOLの株価引き上げを図る一方で自らの保有株を売却し、936百万 ドルの不当利益をあげたとしてカリフォルニア州裁判所に提訴した。
(詳細情報)
http://www.tbri.com/News/pgViewArticle.asp?Id=218



◆ 電話よりEメールの方がコミュニケーション手段として重要:米メタ・グループ調査

電話よりEメールの方がコミュニケーション手段として重要と考えるビジ ネスマンが80%にのぼることが米IT調査会社メタ・グループの調査で判明 した。複数の相手とのコミュニケーションが可能、より迅速なコミュニケ ーションが可能、文字としての記録を残すことが可能などが主な理由とし てあげられている。
(詳細情報)
http://domino.metagroup.com/pressHome.nsf/(webPressRelease)/
D279165CF57E398785256D10004C9B41?OpenDocument



◆ イー・トレード、取締役会を建直し

米大手オンライン証券、イー・トレードは4人の独立取締役を新たに加え る一方2人の取締役を解任し、取締役総数を8人から10人に増やすと発表し た。同社は2001年に約241百万ドルの損失を計上したが、CEOに対して同 年に8,000万ドルもの報酬を与えていたことが批判の対象になっていた。
(詳細情報)
https://us.etrade.com/e/t/home/PressStory?ID=STORYID%3Detrade_pr_2003_04_08_
eng-etrade_11_19_29_pr&year=2003&month=05
Wall Street Journal, April 9, 2003



◆ サーベンス・オクスレー法で米企業取締役の負担が大幅に増加

米法律事務所、Jaeckle Fleischmann & Mugelが100人の取締役を対象に行 った調査によれば、多くの取締役がサーベンス・オクスレー法の施行によ って負担が大幅に増加したと感じている。75%の取締役が、取締役として の仕事に使う時間が従来より多くなったとしており、コーポレート・ガバ ナンスに関しても、より積極的に関与するようになったとする取締役が41 %にのぼった。
(詳細情報)
http://www.cfodirect.com/cfopublic.nsf?opendatabase&content=http://www.cfodirect.
com/cfopublic.nsf/vContent/ASPP-5LPS4V?open




◆ Sun Microsystems, Inc.

超一流企業ともなると、IRサイトに掲載される情報の鮮度、情報量とも相 応の水準をクリアしています。IRサイトの出来・不出来は、情報をいかに 整理して分かりやすく見せるかといったところで差がつくようです。
ホームページの構成や情報の整理の仕方について決定版のようなものはな く、各企業とも試行錯誤を繰り返しつつ、リニューアルしています。

Sun MicrosystemsのIRサイト(1)は、どのページを開いても必ず一番下に Rate this pageといった欄があり、このページで用が足りましたか(This page meets my need.)、このページは簡単に見つかりましたか(This page was easy to find.)の2点について、5段階で評価させるアンケートがあり ます。ここから先のアンケートにもつきあってくれる人には、さらに詳し い質問項目が用意されていて、職業、ホームページへのアクセス頻度ほか、 デザイン、レイアウト、ナビゲーション、といった項目については、8段階 で評点を与えるようになっています。
こうしたアンケートが今後ホームページの構成にどう反映されるのか、あ るいはされないのか、興味あるところです。
(同様の仕組みがSprintのサイトにもあります。画面下のグレーの帯に、 随分と控えめにFEEDBACKとあるのがそれです−(2))

また、IRサイトに"Investor's Briefcase"といった欄を設けて、Stock Report(株価)、Resources(プレゼン資料やFAQ等)、Sun Facts(企業概要ほ か)といったアクセスの多い項目のみ同欄に括りなおす工夫もあります。 通常ある画面左や上段のナビゲーションバー以外に、別途項目を絞って 小欄を設けるサイトをよく目にするようになりました。(他社サンプルと して、弊社オンラインジャーナルVol.13をご覧下さい−(3))

(1) Sun Microsystems:http://www.sun.com/aboutsun/investor/
(2) Sprint:http://www.sprint.com/
(3) オンラインジャーナル・バックナンバー Vol.13
http://www.e-associates.co.jp/jp/magazine/magazine20030116.html




◆ AMVESCAP

独立系としては世界でも最大級の資産運用会社で、ロンドン、NY、パリ、 トロント株式市場に上場(コードAVZ)、運用資産は約3,200億ドルにのぼる。 傘下にAIM、INVESCO、ATLANTIC TRUSTといった有力ブランドを抱える。

AIMは主に北米の個人・機関投資家が顧客であり、グロースファンドから 債権ファンドまで提供、AIMブランドだけで約1,150億ドルの資産を運用す る。INVESCOは北米、欧州、アジア向けに株式、債権ファンドから不動産投 資、プライベートエクイティ投資まで提供する。
ATLANTIC TRUSTは個人富裕層を顧客とする。

2000年にカナダのTRIMARK、英国のPERPETUAL PLCといった運用会社を買収 するほか、翌2001年にはオーストラリアのCounty Investment Management を買収、それぞれAIM TRIMARK、INVESCO PERPETUAL、INVESCO AUSTRALIAの ブランドでファンドを販売する。
参考URL:
http://www.amvescap.com/amvescap/index.html




Most importantly this represents a key milestone in our core initiative to leverage our technology to gain a competitive advantage and to penetrate what will be a strong future growth market.

【 和 訳 】
技術力を利用して競合他社への優位性を確保することにより今後大幅 な拡大が期待される市場への足がかりを得るという我々の戦略上、これは 重要な一歩として位置付けられるものです。

Most importantly:上では特に訳していませんが、幾つかのポイントに ついて述べるなかで最も強調したい点に触れる場合に使う表現です。
This represents 〜:上では「位置付けられる」と訳していますが、 「represent〜」は、「〜を表す、示す、象徴する」などの意味で使われ、 ビジネス英語で頻繁に出てきます。This represents our commitmentなら、 「これは我々のコミットメントを示すものです」。This represents our second attemptは「これは我々にとって2度目の試みとなります」
leverage:これもよく使われる言葉です。ここでは動詞として使われて いますが、名詞も同じくleverageです。Leverage〜は、「〜をてことして 利用する」という意味。財務分析でleverageということばが使われる場合 は、資本金に対する負債の比率を意味し、highly leveragedというと「債 務比率が高い」という意味になります。
gain a competitive advantage:competitive advantageは「比較優位 性」と訳されることが多いですが、上では「競合他社への優位性」として おきました。Competitive advantageだけを覚えるのではなくgainという 動詞と組み合わせておぼえておくと便利です。




■ Cash Balance Plan(キャッシュバランスプラン)

CBプランともいわれ、確定給付企業年金制度での給付設計の一つ。
401Kの企業型では掛け金拠出は基本的に企業側だけであるが、CBプラン は加入者の拠出も認められている。
確定拠出年金(日本版401K)では原則として、60歳になるまで受け取る ことができないがCBプランは60歳前でも受け取りが可能である。確定給付 型と確定拠出型の良い点を持ち合わせており、混合型年金とも呼ばれる。 CBプランの導入方法として、(1)厚生年金基金の場合は代行部分を返上、 新たな基金型に移行し、移行後の給付設計は終身部分のCBプランの有期 年金とする方法、(2)2012年3月末に実質廃止となる適格年金制度を規約 型に移行する際に制度を全面的にCBプランに変更する方法、などが考え られる。
利率は定率、国債の利回り、定率と国債の利回りの組み合わせ、定率また は国債の利回りに上限または下限を定めたものの4つの方法がある。 退職給付債務の計算対象となるが、算定に用いる割引率と利率の連動が高 ければ債務の変動は小幅となる。つまり給付額を年金資産残高に近づける ことで年金財政の健全性を維持することができる。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる