前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2003/ 3/11



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol.17



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
米監査法人監督委員会、海外企業にも登録義務適用
ファンドマネジャーの銘柄選択において社会的責任要因が比重を増す
W.バフェット氏、株式投資には引き続き慎重
カルパース、エマージング・マーケット12カ国を投資対象から除外
カルパース、新役員を選出
ニューヨーク・タイムズ社、コーポレート・ガバナンスを強化
シンガポール金融庁、会長とCEOの分離を銀行および保険会社に要請
ゴールドマン・サックス、リストラでストック・アナリスト6人削減
2.海外IRサイト紹介
3.海外機関投資家プロフィール
4.英語でIR
5.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ 米監査法人監督委員会、海外企業にも登録義務適用

3月4日、米監査法人監督委員会(Public Company Accounting Oversight Board)は、監査法人に対し同委員会への登録を義務付けるサーベンス・ オクスレー法の規定を外国の監査法人にも適用する案を採択し、パブリッ ク・コメントを求めることを決定した。EU域内の監査法人の監督に関して はEU加盟各国の法律を尊重すべきとして、米国以外の国の監査法人に対し ても登録を義務付ける案にEUは既に反対の意向を表明している。
(詳細情報)
http://www.latimes.com/business/la-fi-account5mar05,1,6668599.story



◆ TUC(英国労働組合)、ファンドマネジャーに議決権行使結果の開示を求める

Traders Union Congress(TUC:英国労働組合)は1月30日、機関投資家に対 して、顧客である年金基金等のために議決権行使の結果を開示するよう求 めた。TUCは英国の主だった機関投資家に宛てて質問状を送付し、2002年度 におけるBP、Prudentialほか50の企業に対しての議決権行使結果について の調査を行う。調査結果はTUCの会員年金基金にフィードバックされ、 どの投資家がコーポレートガバナンスの向上に積極的に関わっているかが 分かることになる。TUCは今後、年金基金が運用委託先を選ぶ際、運用パフ ォーマンスとあわせて議決権の行使履歴も選考基準にすることを期待する。

TUCの動きは、英国会社法の近代化と、その骨子のひとつであるコーポレ ートガバナンス改善の動きと呼応するものである。折しも1月23日、米SEC が、ミューチュアルファンドに対して、株主総会での議決権行使に関する 方針と行使プロセス、および実際の行使内容について情報開示を求める規 則導入案を可決したばかりである。
(詳細情報)
http://www.tuc.org.uk/the_tuc/tuc-6189-f0.cfm
http://www.manifest.co.uk/manifest_i/2003/0302Feb/030206trustees.htm



◆ ファンドマネジャーの銘柄選択において社会的責任要因が比重を増す

National Investment Company Service Associationの調査によると、社会 的責任に対する配慮が投資意思決定に何らかの影響を与えていると答えた ファンド・マネジャーの割合が年々増加傾向にある。直近の第15回調査で はその割合は12%にのぼり、2000年調査の6%から倍に増えている。一方、 証券会社の銘柄推奨が意思決定に影響を与えているとする割合は年々減少 傾向にあり、2000年の33%から2002年は26%へと低下している。
(詳細情報)
http://www.institutionalinvestor.com/iiochannel/mutualfunds/20030305000800.htm



◆ W.バフェット氏、株式投資には引き続き慎重

2002年の“株主への手紙"でバークシャ・ハザウェイのW.バフェット氏は 株式投資に対して引き続き慎重な態度で臨む一方、ジャンク・ボンドに対 して前向きに臨む意向を表明した。
(詳細情報)
>http://www.berkshirehathaway.com/letters/2002pdf.pdf



◆ カルパース、エマージング・マーケット12カ国を投資対象から除外

カリフォルニア州公務員退職年金基金(カルパース)は、エマージング・ マーケットのうち、ロシア、タイ、インド、マレーシア、中国、コロンビ ア、モロッコ、スリランカ、エジプト、パキスタン、インドネシア、ベネ ズエラの12カ国を引き続き投資対象から除外することを決定した。一方、 エマージング・マーケットの投資適格国としてはアルゼンチン、ブラジル、 チリ、チェコ、ハンガリー、メキシコ、ペルー、イスラエル、フィリピン、 ポーランド、南アフリカ、韓国、台湾、トルコが従来からリストされてい るが、今回の見直しでヨルダンが加えられた。
(詳細情報)
The Wall Street Journal February 20, 2003
http://www.calpers.org/whatsnew/press/2003/0218b.htm



◆ カルパース、新役員を選出

カリフォルニア州公務員退職年金基金(カルパース)は、新総裁として S.ハリガン氏、新副総裁としてR.フェクナー氏を選出した。
(詳細情報)
The Wall Street Journal February 20, 2003
http://www.calpers.org/whatsnew/press/2003/0220a.htm



◆ ニューヨーク・タイムズ社、コーポレート・ガバナンスを強化

ニューヨーク・タイムズ社は、ニューヨーク証券取引所規則およびサーベ ンス・オクスレー法への対応として、コーポレート・ガバナンス体制の全 面的な強化を行った。取締役会の半数以上を独立取締役で占めること、全 ての取締役に関して独立性に関する調査を毎年行うこと、監査委員会、報 酬委員会、指名委員会、ガバナンス委員会のメンバーは全て独立性を持た なければならないことなどが主な点。CEOおよび財務担当オフィサーに関 する倫理規定も制定した。
(詳細情報)
http://www.corporate-ir.net/ireye/ir_site.zhtml?ticker=NYT&script=411&layout=
-6&item_id=384580



◆ シンガポール金融庁、会長とCEOの分離を銀行および保険会社に要請

シンガポール金融庁(Monetary Authority of Singapore: MAS)はシンガ ポールの銀行および保険会社に対し会長と最高失効役員(CEO)の職を分離 することを求める案をまとめた。パブリック・コメント期間を経て2004年 7月17日から発効する予定。
(詳細情報)
Business Times (Singapore), February 25, 2003
http://www.calpers.org/whatsnew/press/2003/0218b.htm



◆ ゴールドマン・サックス、リストラでストック・アナリスト6人削減

エクイティー・リサーチ部門のリストラの一環として6人のストック・ア ナリストがゴールドマン・サックスを退職した。その結果、AOLタイムワ ーナー、ワシントン・ミューチュアル等を含む約50銘柄のカバレッジが中 断または中止されることになる模様。
(詳細情報)
http://cbs.marketwatch.com/news/story.asp?guid=%7BF4046C0F%2DCAF7
%2D46F9%2DB0EB%2D4C8B6E53FB53%7D&siteid=mktw




◆ ABN AMRO

ABN AMROは、オランダの2大銀行Algemene Bank Nederland(ABN)と Amsterdam Rotterdam Bank(AMRO)が1991年に合併してできた世界でも 有数の金融グループです。今回は同社のIRサイトを紹介します。

まずご覧いただきたいのは、Investor Relationsの小項目、Financial Target(1)。ABN AMROは2001年1月、株主価値の最大化を第一の目標に 掲げ、目標の達成度合いをはかる尺度としてTRS(Total Return to Shareholders)を設けました。TRSとは、過去3ヶ月間の株価終値の平均値 に配当金の再投資を加味した数値で、2001年1月1日を100として算出した ものです。TRSの絶対的な数値を目標とするのではなく、同業他社20社を Peer Groupとし、2004年の終わり(つまり当初の目標設定から4年後)に Peer Groupのなかでトップ5にいることを目指しています。2003年3月現在、 トップ5の位置にいるのはBank One、Wells Fargo、Societe Generale、 BNP Paribas、Barclaysの順で、ABN AMROは12位となっています。

次にご覧いただきたいのは、先のFinancial Targetのなかの小項目、 Ranking。金融機関の規模をあらわす尺度としては、資本(Tier1 / 基本的 項目)、及び資産の2つがよく用いられますが、これら2つについて、欧州 および全世界でのランキングをあらわしています。ABN AMROは、これら2つ の順位について特に目標を設定しているわけではありませんが、2002年7月 現在、資本では22位、資産では14位に位置しています (資本・資産規模の ランキングと先のFinancial Targetの順位とは、必ずしも一致しませんが、 比較は興味深いと思われます。余談ですが)。

以前、弊社オンラインジャーナルVol.10(2)にて、成長率・利益率・ キャッシュフローの向上を具体的な目標として掲げたPearson PLCのIRサイ トをご紹介しましたが、今回は業界での相対的地位を目標とし、結果を随 時更新していくサイトです。いずれの場合も「株主価値の最大化」を公約 として掲げ、コミットする企業の姿勢が感じられます。
参考URL:
(1) http://www.abnamro.com/com/about/trs.asp
(2) http://www.e-associates.co.jp/jp/magazine/magazine20021112.html




Franklin Resources, Inc.

カリフォルニア州サン・マテオ市に本拠を置く資産運用会社。Frankilin Resources Inc.は持ち株会社で、むしろFranklin Templeton Investments の名前で馴染みがある。

同社の前身は1940年設立のTempleton, Dobbrow and Vance Inc. (Templeton)、および1947年設立のFranklin Distributors, Inc. (Franklin)である。前者Templetonは、国際分散投資・エマージング市場 投資の草分け的な存在であり、1960年代初旬にはいち早く日本株投資を行っ ている(日本製の自動車、電気製品が米国で売られる前で、日本といえば 安物を濫造する国といったイメージ。なお当時、エマージング市場投資と いった概念は恐らくなかったと思われる)。後者Frankilinは、米国建国の 父、Benjamin Franklinのビジネス哲学 "With money and financial planning, prudence comes first."に共鳴し、Franklinの名前を社名と した(今でもロゴがFranklinの肖像になっている)。1992年10月にFranklinが Templetonを買収、その後、1996年11月にMutual Series Fund, Inc. 、 2001年4月にFiduciary Trust Company Internationalを買収し、現在に至る。

現在では、Franklin(グロース/バリュー投資)、Templeton(主にバリュー 投資)ほか、Mutual Series(国内株、バリュー投資)、Bissett、Fiduciary (グローバル投資)といったブランドでミューチュアルファンドの運用・ 販売、年金基金等の運用を行う。Franklin Resources, Inc.はNYSEに上場 しており、S&P500の構成銘柄である。
参考URL:
http://www.franklintempleton.com/




During the quarter, as expected, we saw lower gross margins on inkjet supplies due to lower production levels.

【 和 訳 】
予想通り、生産水準の引き下げにより、同四半期のインクジェットの粗利 率が低下しました。

as expected:予想した通り
we saw lower gross margins:この"we saw・・・"は日本語に訳すことが 困難な英語表現です。使い慣れればそれだけ便利な表現ともいえます。直 訳すると、「我々はより低い粗利率を見た」となりますが、つまりは、 「粗利率が低下した」ということです。英語で言い換えるなら、gross margins lowered, gross margins narrowedなどとなります。We saw gross margins declineと言い換えることも可能です。「総資産が大幅に増加しま した」は「我々は総資産の大幅な増加を見た」と言い換えてそれを英語に して"We saw substantial increases in total assets"と言えばよいわけ です。
gross margins on inkjet supplies:インクジェットの粗利率と言う場合 の「の」に当たる前置詞はonです。またmarginが複数になっていることに 気をつけてください。Suppliesは消耗品です。
lower production levels:levelが複数形であることに気をつけてくださ い。




■Peer Review
米国における監査法人同士又は監査事務所間による監査品質レビュー。 AICPA(米国公認会計士協会)の品質管理基準に従って品質管理がなされ ているか、定期的に会計監査の質を維持する為にレビューすることを目的 とする。
従来、ピア・レビューは公共監視委員会(POB、public oversight board) という組織の監督のもと、米国の会計事務所業界では自主管理による運営 がなされていた。又、運営の財源も同業界によってまかなわれていた。 エンロンの不正会計による破綻を機に自主管理体制の限界を指摘する声が 強くなった米国では2002年サーベンス・オクスレー法に従いピア・レビュ ーの機能はAICPA(米国公認会計士協会)から、業界から独立した新たな 監督機関---PCAOB(the Public Company Accounting Oversight Board) に移されることになった。PCAOBは監査などに関するスタンダードの決定、 会計事務所の検査を実施する。又、罰則付与の権限も持つ。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる