前へ 次へ このページを印刷する ウィンドウを閉じる
e-Associates Mail Magazine 2002/10/30



イー・アソシエイツ オンラインジャーナル
IR・コーポレートガバナンスニュース Vol. 9



In the long run, nothing is more important to a company than its reputation.

イー・アソシエイツは、IRポータルサイト「カンパニー・ホットライン」
( http://www.c-hotline.com/ )を運営しています。


本メールは、弊社営業担当者がこれまでお会いした企業IR担当者様、及び配信ご希 望の方に気軽にお読みいただけるIRに関する情報を提供することを目的等としたも のです。配信を希望されない方は、お手数ですが、メール最後の配信停止について をご参照の上、ご連絡くださいますようお願いいたします。




1.ニュース/トピックス
カルパース、GE株主総会で株主提案提出の予定
TIAA-CREF、新CEOを発表
英国最大級の資産運用会社、ハーミーズ、企業に対する期待をまとめた10原則を発表
インスティテューショナル・シェアホルダー・コミティー(ISC)、機関投資家・ファンドマネジャーの責任に関する新原則を発表
シカゴ・マーカンタイル取引所、コーポレート・ガバナンス強化策を発表
コーン・フェリー社、フォーチュン1000社の取締役に対するコーポレート・ガバナンス調査の結果を発表
SECのEDGARファイリング、11月4日から外国企業にも適用へ
SEC,サーベンス・オクスリー法施行に関する細則案を発表
ドイツ自動車メーカー、ポルシェ、ニューヨーク上場を見送り
SEC、ニューヨーク州司法長官等、セルサイド・アナリストの不正疑惑解明に向けた協力で合意
2.海外IRサイト紹介
3.海外機関投資家プロフィール
4.英語でIR
5.IR・コーポレート・ガバナンス用語集





◆ カルパース、GE株主総会で株主提案提出の予定

カルパース(カルフォルニア州公務員退職年金基金: California Public Employees' Retirement System)は、2003年4月に予定されているゼネラ ル・エレクトリック社(GE)の年次株主総会において、ストック・オプシ ョンなどの報酬を企業業績にリンクさせることを求める株主提案を提出す ることを決定した。カルパースは、GEの前CEOジャック・ウェルチ氏の2001年 の年間報酬は80%増加して1,600万ドルとなったが、同年にGEの株価は 大幅に下落した、と指摘。経営者は業績、イノベーション、長期的企業価 値の向上などに対する見返りとして報酬を受けるべきであるが、それは経 営者の貪欲さを容認するものではない、としている。
(詳細情報)
http://www.calpers.org/whatsnew/press/2002/1015b.htm



◆ TIAA-CREF、新CEOを発表

米国最大の年金基金TIAA-CREF(全米教職員退職年金基金)は、11月から 新CEOとしてメリル・リンチ前社長、ハーブ・アリソン氏が就任する予定と 発表。同氏は株主価値の向上に向けてコーポレート・ガバナンスを促進す ることがTIAA-CREFの責任だと述べている。またTIAA-CREFのコーポレート ・ガバナンス担当ディレクターKenneth Bertsch氏は同基金を退職し、格 付け会社であるムーディーズ・インベスターズ・サービスの社長に就任す る。
(詳細情報)
http://www.prnewswire.com/cgi-bin/micro_stories.pl?ACCT=840938&TICK
=TIAA&STORY=/www/story/10-07-2002/0001813673&EDATE=Oct+7,+2002



◆ 英国最大級の資産運用会社、ハーミーズ、企業に対する期待をまとめた10原則を発表

英国最大級の資産運用会社ハーミーズ(Hermes Pension Management Limited)は、 企業のオーナーとして企業に何を期待するかをまとめ、10原則として発表した。 ハーミーズは、株主が投機家としてではなく、オーナーとして企業に接した方が 企業の業績は良くなるとした上で、中核事業に投資を集中すること、経営者に対する 報酬を長期的な株主価値に連動させることなどを要求している。(メルマガ第6回" 海外機関投資家プロフィール"をご参考ください。)
(詳細情報)
http://www.hermes.co.uk/pdf/Hermes_Principles_release211002.pdf



◆ インスティテューショナル・シェアホルダー・コミティー(ISC)、機関投資家・ファンドマネ
ジャーの責任に関する新原則を発表

英国のAssociation of British Insurers(保険業協会), National Association of Pension Funds(年金基金協会), Association of Investment Trust Companies (投資信託会社協会), Investment Management Associati on(資産運用協会)など 主要機関投資家団体をメンバーに擁するISCは、最終的な受益者である年金基金や 個人投資家の利益を守るために機関投資家やファンドマネジャーが投資先企業に 対してどのように関与すべきかに関する新原則を発表した。ISCは、大手機関投資家が 投資先企業に対するモニタリングを強化することにより、株主利益の保護に向けて 積極的なスタンスを取ることを呼び掛けている。
機関投資家およびファンド・マネジャーが倣うべきベスト・プラクティス として以下の点があげられている:
投資先企業に対する積極的関与について自社の方針を公表すること
投資先企業の業績をモニターし、投資先企業と対話を維持すること
必要な場合には経営に介入すること
ファンドマネジャーは顧客に報告すること
(詳細情報)
http://www.investmentfunds.org.uk/investmentuk/press/2002/20021021.htm



◆ シカゴ・マーカンタイル取引所、コーポレート・ガバナンス強化策を発表

シカゴ・マーカンタイル取引所の持ち株会社CMEホールディングスは、予 定されている株式公開に向けて、コーポレート・ガバナンスに関する社内 組織の整備・強化に着手した。組織整備の一環として、監査委員会、取締 役会ステアリング・コミティー、報酬委員会、ガバナンス委員会、マーケ ティング・広報アドバイザリー委員会、戦略実行委員会などの委員会設置 を正式決定するとともに、 社長兼CEOのJ・マクナルティ氏およびEVP兼 CAO(Chief Administrative Office)のC・ドノヒュー氏によって構成される Office of CEO(CEO室)の設立を決定した。
(詳細情報)
http://www.cme.com/news/shownews.cfm?NewsItem=000659F2-662C-1DA5-9A
5980EDBEFB0000



◆ コーン・フェリー社、フォーチュン1000社の取締役に対するコーポレート・ガバナンス
調査の結果を発表

29回目となる今回の調査の主な結果は以下のとおり:
フォーチュン1,000社の71.2%がコーポレート・ガバナンスに関するガイドラインを作成済み
36.9%の企業が定期的に役員のパフォーマンス評価を行っている
62.3%の企業がコーポレート・ガバナンス手順を見直すための正式委員会を導入済み
(詳細情報)
http://www.kornferry.com/Library/Process.asp?P=PR102102>



◆ SECのEDGARファイリング、11月4日から外国企業にも適用へ

SECへの各種報告書登録を電子データ形式で行う方式(EDGAR filing)が 11月4日から外国企業にも正式適用される。米国企業に対しては既に1993 年から電子データ形式での登録が義務付けられている。
(詳細情報)
http://www.sec.gov/rules/final/33-8099.htm



◆ SEC,サーベンス・オクスリー法施行に関する細則案を発表

SECは、サーベンス・オクスリー法の施行細則の案を作成し、公表した。 同法404、406、407条に関しては、内部監査レポート、社内倫理規定、監 査委員会の金融専門家などに関して情報開示を行うことを求めている。ま た、同法303条に関しては、監査役に対する不当な圧力を禁止する規則が 盛り込まれている。
(詳細情報)
http://www.sec.gov/news/press/2002-150.htm



◆ ドイツ自動車メーカー、ポルシェ、ニューヨーク上場を見送り

ポルシェは来年1月にニューヨーク証券取引所への上場を計画していたが、 サーベンス・オクスリー法が米国内の取引所で株式を上場している企業の CEOに対して財務報告書の正確性を確認することを求めていることに反対 し、上場を見送ることを決定した。同社によれば、ドイツでは財務報告書 は取締役会が総体として承認した後に監視委員会に提出するという仕組み になっており、サーベンス・オクスリー法の規定はそのようなドイツの法 制と合致しない。
(詳細情報)
http://www2.ap.porsche.com/english/pap/company/investorrelations/news/
pressreleases/021016.htm



◆ SEC、ニューヨーク州司法長官等、セルサイド・アナリストの不正疑惑解明に向けた
協力で合意

SEC, ニューヨーク州司法長官、ニューヨーク証券取引所、全米証券ディ ーラー協会(National Association of Securities Dealers)、および北 米証券監督者協会(North American Securities Administrators Association)は、アナリストの不正疑惑や新規公開株式の割り当てなど に関する不正行為の解明に向けて協力することで合意した。また、アナリ スト規制等に関する新たな規則の制定に関しても協力する。
(詳細情報)
http://www.sec.gov/news/press/2002-144.htm




AMPはオーストラリアの総合金融サービス企業で、生命保険会社としては 世界トップ30に数えられます。1998年1月に相互会社から株式会社に転換 した際、保険契約者(相互会社の場合は保険会社のオーナーになります)の 多くが株券を与えられて株主となったこともあり、株主数は100万人を超 えます。これら膨大な「にわか株主」にとって、日々の株価と配当金の支 払いが中心的な関心事であることは想像に難くありません。ちなみにAMP ホームページのアクセスは、IRサイトだけで月間80万ページビューだそう です。

AMPのIRページ"Shareholder Center"のトップでまず目を引くのが、CEO の顔写真と"SEE(株価推移グラフ)"、"VIEW(AMP紹介ビデオ)"、"READ (CEOメッセージ、ディスクロージャーポリシー)"といったアイコンでし ょう。その他IRページのトップに、上場するオーストラリアとニュージー ランド市場の最新株価が掲載されています。

サイトのナビゲーションには、真っ先に株主・株式情報(Shareholder Services)が設けられています。ここで、株主にとって気になる情報、重 要な情報がほぼ全て網羅されています。例をあげると、

Go to my shareholding:株主IDをインプット、保有株数等を照会する仕組み
Shareholder key date:配当金支払い、株主総会、決算発表などの予定一覧
Dividend:配当金支払額とその履歴
Shareholder news:株主通信、CEO MessageなどのIRツールを掲載
AGM:株主総会の招集通知からウェブキャスト、スピーチのスクリプトもあり
Answer my questions:FAQ。名義書換・申告についての情報など掲載

通信関連など、合併・買収を重ねて巨大になり株主が急増した企業は、概 して株主・株式情報が充実しています。個々の株主の問い合わせに対応し ていては大変なので、株主・投資家の用件のほとんどがホームページで済 むようにしているものと想像されます。

参考URL:
http://www.ampgroup.com
http://www.ampgroup.com/group/ampgroup.nsf/content/D+Shareholder+centre




Domini Social Investments LLC

ドミニ(Domini Social Investments LLC)は社会的責任投資(SRI: Socially Responsible Investment)を行う代表的なミューチュアルファンド。運用 資産は約12億ドルで、うち約9億ドルをDomini Social Equity Fundで運用 する。同ファンドは1991年から運用を開始し、後述のDomini 400 Social Indexに連動したインデックス運用を行う。

SRIにとって、企業スクリーニング、および企業との対話は非常に重要で ある。投資先は、社会的責任・環境への対応についてスクリーニングを経 て決定される。スクリーニングには、ネガティブ・スクリーニング(例え ばタバコを製造する企業・タバコの売上がある程度以上を占める企業や原 子力発電関連企業は投資対象としない等)、ポジティブ・スクリーニング (環境問題にコミットする企業は投資対象とする等)の2つの側面があり、 特定の産業を単純に排除するわけではない。

企業との対話は、経営陣と直接コンタクトを取るほか、多くは株主権の行 使、株主提案の提起を通じて行われる。Dominiは94年以来、29の企業に対 して60の株主提案を行っている。また96年以降はミューチュアルファンド で初めて議決権行使のガイドラインを公表し、99年には実際の議決権行使 結果を公表している。

旗艦ファンドDomini Social Equity Fund はDomini 400 Social Indexに 連動して運用される。同インデックスは1990年の5月に開始され、以来2000 年4月までの10年間のリターンは20.83%と、S&P500の18.70%を上回る。 (一方でSRI銘柄は概してテクノロジー・セクター、金融セクターといった 一時期好調だった銘柄が多く、SRIと株価パフォーマンスは関係ないとの 考え方もあるので、念のため。)

ウェブサイト:
http://www.domini.com




Well today we're announcing first quarter revenue results that exceeded our expectations. First quarter revenue was $1 billion, up six percent over first quarter 2001.

【 和 訳 】
「第一四半期の売上高は当初予想を上回りました。第一四半期の売上高は 10億ドルと、2001年の第一四半期を6%上回りました。」

これまで、決算説明に入る前の導入部分の色々な表現を取り上げてきまし たが、いよいよ決算説明の中身に入ります。
revenueは「製品・サービスの提供に対する対価」を意味し、売上高 (sales)と実質的に同じ意味です。
revenue resultsは「売上実績」exceed expectationsは「予想を上回る」 の意。
一番目のセンテンスを直訳すると「我々の予想を上回った第一四半期の売 上実績を発表します」となり、日本語ではどうも落ち着きが悪いのですが、 英語ではよく使われる言い方です。"Today we're announcing first quarter revenue results. First quarter revenue results exceeded our expectations." と言うべきところを、関係代名詞thatを使って一つのセ ンテンスにしたと考えると何となく腑に落ちるのでは・・。
up xx percent over 〜は、「〜をxx%上回る」の意。




WACC(Weighted Average Cost of Capital)

加重平均資本コスト。企業の資金調達源泉である有利子負債と株主資本の 各調達コストを加重平均して計算したもの。
有利子負債コストは、借入金や社債の形で企業に資金提供している債権者 に対し支払う金利(税務面からは税率を考慮した金利がコスト)のこと。 株主資本コストは、株主が投資することによって期待する収益率と言える。
株主は、ハイリスクの株式に投資する見返りとして、株価の上昇によって 得る売却益と配当をトータルリターンとして求めていると考えると、株主 の資金をベースにして獲得しなければならないリターンは、かなり高めで ないといけないという考え方がでてくる。



ご登録情報の削除・メール配信停止は、magazine@e-associates.co.jp
までご連絡くださいますようお願いいたします。



イー・アソシエイツ株式会社 メール・マガジン担当

 E-MAIL magazine@e-associates.co.jp
 URL http://www.e-associates.co.jp/

http://www.c-hotline.com/

営業に関するお問合せは03-3556-1380(大下)まで



前へ 次へ ページのトップへ このページを印刷する ウィンドウを閉じる